キッチンそうじの基本〜材質について〜

材質の種類

IH調理器や食器洗い機の登場や、各種技術の発達で、年々使われる材質が変化しています。今までと同じお掃除方法だと思わぬトラブルが生じたりするので、材質に合った洗剤とお掃除方法を心掛けましょう。現在キッチンでよく使われる材質は、下の図のとおりです。

キッチン素材

特に気をつけたい材質

フッ素コート

フッ素コートは、ステンレスの金属板にフッ素樹脂塗料を塗ったものやフッ素樹脂フィルムを貼りつけたもの。フッ素樹脂とは熱に強く燃えにくいプラスチックで、次のような特長があります。

長所:
撥水性・撥油性に優れ、比較的楽に汚れが落とせます。

短所:
フッ素樹脂塗料に金属粉が入っているため、多くのフッ素樹脂がアルカリに影響を受けやすい性質があります。また硬いものでこするとはげることがあります。

お掃除の注意点:
強アルカリ性の洗剤、金属タワシ、クレンザーの使用を避け、「やさしくこする」を基本にします。

アルミニウム

換気扇のフィルター(グリスフィルター)、シロッコファン、ターボファン、サッシなどに使われています。酸やアルカリに弱いため、表面に酸化皮膜をつけたアルマイト加工したものが多く利用されていますが、切断面にアルマイト加工されていないものの場合は、酸やアルカリと接触すると、腐食されて変色してしまうことがあります。傷もつきやすいので、お掃除の際には注意を。

お掃除の注意点:
アルカリ性と酸性の洗剤を避け、強くこすらないようにします。

ガラスプレート

IH調理器に多く使われています。IH調理器は磁電線によって発生するうず電流で鍋底を発熱させる仕組み。トッププレート(天板)には金属が使えないのでガラスプレートが使われます。硬いものでこすると傷がついてしまうので、注意が必要です。アルカリにも弱いので、洗剤選びも要注意。

お掃除の注意点:
強アルカリ性の洗剤と漂白剤の使用を避けます。金属タワシやナイロンタワシ、みがき粉など硬いものでこするのは避け、こびりついた汚れはクレンザーと布でやさしく落とします。必ず最後に水拭きを。