収納

白木、ベニヤ板、ニス・ペンキ塗りの材質はから拭きで行います。洗剤や水拭きの後も、から拭きして十分に乾燥させましょう。ガラス汚れの確認は明るい場所で、掃除は湿度の高い雨上がりや曇りの日に。

食器棚・シンク下収納

  • ホコリなど、表面の軽い汚れは、外側から内側の順に、住宅(リビング)用洗剤やアルコール除菌剤を染み込ませた布で拭きとります。
  • 取っ手の手あか汚れも同様に。
    ※アルコール除菌スプレーはアクリル製プラスチックには使えません。
  • 引き出しの底をたたいてゴミを出します。
  • 引き出し内の細部のホコリや汚れは、割り箸に巻きつけた薄い布で拭きとります。
  • ガラス用洗剤を『Z字型』に吹きつけ、洗剤を布でのばしながら拭きます。食器棚のガラスは汚れの少ない扉の裏側から表側、上部から下部の順に。
  • 全体を拭き終わったらサッとから拭きし、充分に乾燥させた後、食器類を元の位置に戻しましょう。
布を巻きつけた割り箸を、内部の四隅やレール、溝などの汚れにピンポイント活用

布を巻きつけた割り箸を、内部の四隅やレール、溝などの汚れにピンポイント活用


少量の洗剤で全体をむらなく掃除できる『Z字型』。左ききの方は逆Z字に

少量の洗剤で全体をむらなく掃除できる『Z字型』。左ききの方は逆Z字に

それでも落ちない汚れには…

換気扇付近などの頑固な油汚れは、レンジ用洗剤をスプレーした布で拭きとった後、必ず水拭きしてから充分に乾燥させてください。

レンジ用洗剤は木製の収納棚の塗装面には使えません。また、それ以外の材質の場合でも、目立たない部分で色落ちしないかどうか試してからご使用ください。

シンク下収納のカビ

シンク下は湿度が高く、カビが発生しやすい場所です。カビが発生したら、固く絞った布で水拭きした後、から拭きして、水気が残らないようにしましょう。