菌・ニオイ対策〜調理器具など〜

まな板

<除菌・漂白剤を使用する場合>

  • 予め、食器用洗剤をつけたスポンジで、まな板についた汚れをよく洗い落としてください。
    特に、包丁でついたまな板の傷の部分は念入りに洗います。
  • 洗剤を洗い流して、まな板の水分を切ってから、スプレータイプの除菌・漂白剤を全体にスプレーします。
  • まな板の水分を切り、スプレータイプの除菌・漂白剤を全体にスプレーします。
  • 除菌には約2分、漂白には約5分程おいてから流水で30秒以上洗い流します。
  • 水分をよく切り、立て掛けて乾燥させます。
包丁の傷跡は特に丁寧にこする

包丁の傷跡は特に丁寧にこする

  • ※使った後はすぐに洗いましょう。特に、肉や魚を切った後は丁寧に。
  • ※1日1回はしっかり除菌をしましょう。

<食器用洗剤を使用する場合>

キッチン用漂白剤の代わりに、食器用洗剤を使用する場合には、除菌効果のある食器用洗剤の原液(量は裏面表示を見てください)をまな板にまんべんなく付けて、約20分間放置したあと、水で洗い流します。

調理前や調理中など簡単に除菌をしたい時は

まな板の水気を切った後、アルコール除菌剤を全体にスプレーします。スプレー後の水洗いは必要ありませんが、乾いてから使用しましょう。スプレー後すぐに使う場合には、ふきんなどで拭きとります。

木製、プラスチック製と素材は違ってもお手入れ方法は同じです。抗菌処理してあるものもお手入れは同様です。

包丁

  • スポンジに食器用洗剤をつけてこすります。
  • 刃と柄の境の部分は入念に洗い、流水でよく洗い流します。
  • スプレータイプの除菌・漂白剤を全体にスプレーし、約2分後に流水で30秒以上洗い流します。
  • 水気をよく切って乾燥させます。

※1〜2までは効果的な除菌をするために必要です。

調理前や調理中など簡単に除菌をしたい時は

包丁の水気をふきんで拭いた後、アルコール除菌剤を全体にかけます。スプレー後に水洗いは必要ありません。鉄製の包丁はさびやすいので、スプレー後にふきんなどでふき取ります。

包丁の除菌

ふきん

  • 洗い桶に食器用洗剤液と水を入れ(水と食器用洗剤の割合は1L:0.75mL)、その中で充分にもみ洗いをして汚れを取り除きます。
  • よく水洗いします。
  • 洗い桶に漂白剤を水で薄めた液を作り(水と漂白剤の割合は漂白剤に記された表示に従ってください)、約30分間つけ置き、流水で30秒以上洗います。
  • ふきんを絞って乾燥させます。

※1〜2までは効果的な除菌をするために必要です。