菌・ニオイ対策〜シンクまわり〜

排水口・ストレーナー(排水口内のゴミ受け)

  • ストレーナーを取り出し、スプレータイプの除菌・漂白剤や、キッチンのヌメリが取れるスプレータイプのヌメリ・カビ取り剤を菊割れゴム・ストレーナー・排水口の中にスプレーします。
  • 数分おいてから、ヌルつきがなくなるまで充分に水で洗い流します。

銅製のストレーナーは変色の恐れがあるので、塩素系の漂白剤・洗浄剤の使用は避けてください。

排水パイプ

  • 排水口のまわりや目につく汚れに液体タイプのパイプ用洗剤をかけます。
  • 所定の時間(表示に従ってください)がたったら、充分に水を流します。
ガスレンジのつみまを、キッチンペーパーを巻いた竹串で掃除する
  • 塩素系のパイプ用洗剤は酸性タイプの製品と混ざると有毒な塩素ガスが発生して危険なので注意が必要です。
  • 必ず換気をして、掃除用手袋を着用しましょう。
  • 熱湯を流すと危険なので流さないでください。

粉末タイプのパイプ用洗剤を使う場合には…

  • 排水口のまわりにパイプ用洗剤をかけます。
  • コップ1〜2杯の水をゆっくりかけてパイプ用洗剤を排水口の中に流し込みます。
  • 5分程おいて水をたっぷり流し込み、ふだん通りに水道を使用します。
排水口のまわりにかけたパイプクリーナーをゆっくり排水口の中に流し込む

排水口のまわりにかけたパイプ用洗剤をゆっくり排水口の中に流し込む

それでも汚れが落ちない場合は…

ひどい汚れには、おやすみ前にストレーナーをはずし、パイプ用洗剤を排水口に直接かけます。コップ1杯の水で流し込み、翌朝水を流し込んでパイプ用洗剤を落とします。

粉末タイプで水を流し入れるとき、水のかわりに40〜50℃のお湯を使うと効果がアップしますが、熱湯は使わないこと。発泡しすぎることがあり、危険です。

調理台

  • 食器用洗剤を含ませてしぼった布で拭き、水拭きで洗剤液を拭きとります。
  • アルコール除菌剤を乾いたふきんにスプレーし、調理台を拭きます。

※1は効果的な除菌をするために必要です。

生ゴミ&ゴミ箱

生ゴミ:
魚などの内臓を捨てる時は、消臭スプレーをしておくとニオイが抑えられます。
生ゴミは三角コーナーに放置せず、できるだけこまめに捨てます。
ゴミ箱:
直接生ゴミに消臭スプレーをしてから、ゴミ箱に捨てます。ゴミ箱が臭う時は、直接ゴミ箱の中にスプレーします。
ゴミ箱の除菌

水切りカゴ

  • スポンジに食器用洗剤をつけてこすり、汚れを落とします。
  • 流水でよく洗い流します。
  • スプレータイプの除菌・漂白剤を全体にスプレーし、2分間程たったら、ヌルつきがなくなるまで充分に水で洗い流します。
  • 水分をよく切り、逆さにして乾燥させます。
  • ※1〜2までは効果的な除菌をするために必要です。
  • ※汚れを落とした後、水気を切ってアルコール除菌剤を全体にかけても除菌ができます。
  • ※ステンレス製、プラスチック製と素材は違ってもお手入れ方法は同じです。

スポンジ

  • 食器用洗剤を含ませ、スポンジをよくもんで汚れを落とした後、流水でよく洗い流して固く絞ります。
  • 除菌効果のある食器用洗剤の原液を、表示に従い所定量を直接スポンジにつけます。
  • もみながら洗剤をスポンジ全体に行き渡らせます。
  • 洗い流さず、そのまま次の使用時まで置いておきます。
よくもみ洗いして、泡と汚れを洗い流します

よくもみ洗いして、泡と汚れを洗い流します

  • ※スポンジ除菌マークのある製品をお使い頂くと効果的です。
    (製品により、使用量は異なります。)
  • ※除菌・漂白剤でも除菌ができます。洗い桶に漂白剤を薄めた液(表示に従ってください)をつくり、そのなかで数回スポンジをもみます。2分以内で取り出し、水で充分にすすいだあと、水分を切ってよく乾燥させます。

漂白剤液に長く浸すとスポンジの種類によっては変色することがあるので注意しましょう。

三角コーナー

  • 中身を空にして、食器用洗剤を含ませたスポンジでこすり、汚れを落とします。網目状の三角コーナーは、タワシや古い歯ブラシでこすると効果的です。
  • 洗剤を水で洗い流します。
  • スプレータイプの除菌・漂白剤や、キッチンのヌメリが取れるスプレータイプのヌメリ・カビ取り剤を全体にかけ、数分たってから充分に水で洗い流します。