壁・床・天井

1週間に1回は洗剤を使ったお掃除をして、カビの栄養となる汚れを取り除きましょう。お風呂あがりに、お湯→水の順にシャワーをかけるとカビ予防になります。

おそうじ方法

壁・床

  • 壁や床に、浴室用洗剤をスプレーします。
  • 2〜3分おいてから、シャワーなどで洗い流します。
  • 最後に乾いた布などで、水分を拭き取ると水あかやカビの発生を防ぐことができます。
壁や床の汚れやすい部分の図

肩より下の高さの壁は、体を洗った泡が飛ぶので、特に汚れています。この範囲をお掃除するだけでもOKです。

ドアも同じ方法でお掃除します。

ドアは、アルミなどに塗装コーティングしたものが多いので、洗剤を使う場合には目立たない部分で確認してからお掃除しましょう。

お掃除のあと、床の隅や排水口周辺に清潔キープ剤をスプレーしておくとピンクヌメリなどのヌメリの発生を防ぐことができます。商品表示に記載してある「使えないもの」を確認してから使いましょう。

排水口周辺に清潔キープ剤をスプレーする図

水で濡れていても使えます。洗い流す必要はありません。

ガンコな汚れには…

水あか、黒ズミには、浴室用クレンザーをスポンジにつけて、軽くこするように洗います。

クレンザーの粒子は残りやすいので、スポンジなどを利用して水で充分に洗い流します。


タイルの目地の黒ズミには…

目地の黒ズミの多くは、カビによるもの。カビ取り剤をスプレーし、数分おいてから、充分に水で洗い流します。最後に、乾いたタオルやスポンジで水気を拭き取っておきましょう。

カビ取り剤を使うときは必ず換気をし、掃除用手袋、メガネ、マスクを着用しましょう。


黒ズミの見分け方は…

黒い部分がすべてカビであるわけではありません。ススや土ぼこり、水あかの場合もあり、カビをススだと思って最初からクレンザーなどでこすってしまうと取れにくくなってしまうことがあります。見分けるのは難しいので、以下の方法でチェックすれば、効率的なお掃除ができます。

まずはカビ取り剤でチェック!カビ取り剤を使って、取れたり、色が薄くなる部分はカビです。それ以外は、ススなどの可能性が高いので、カビ取り剤を水で洗い流してから、浴室用洗剤やクレンザーをつけてこすり洗いをします。


材質別の洗い方で気をつけることは…

  • プラスチック材:
    やわらかいスポンジを使って洗います。
  • タイル:
    スポンジやブラシを使って洗います。目地には、古い歯ブラシなどを利用すると便利です。

天井

  • 柄付ブラシに、浴室用洗剤をつけ、天井には直接スプレーしないようにします。
  • 汚れている部分をこすり、最後にシャワーなどを使って水で流します。シャワーが届かない場合には、柄付ブラシにタオルなどをつけて水拭きします。
  • 天井のカビを取るときにも同様ですが、その際は必ず、換気、掃除用手袋・メガネ・マスクを着用しましょう。
  • 直接天井にはスプレーしないようにします。
  • 洗剤が目に入らないように注意します。

換気扇がきちんと空気を吸い込んでいるか確認しましょう

汚れがたまると換気効率が下がり、空気を吸い込みにくくなります。手などの吸い込みに充分注意して、ティッシュペーパーなどを換気扇に近づけ、吸い込むかどうか確認しましょう。吸い込まなければ、お掃除どきのサインです。換気扇をつけていても効果がありません。お掃除方法は、メーカーのパンフレットを確認しましょう。お掃除をしてくれる業者もありますので、お願いするのもひとつの方法です。

  • 浴室用洗剤を使う場合、手の荒れやすい方は、掃除用手袋をしましょう。
  • カビ取り剤を使う場合は必ず掃除用手袋をしましょう。