便器

時間がたつと、汚れが落としにくくなり、ニオイの原因にもなります。定期的にお掃除することがポイントです。便座が温水洗浄便座の場合は、スイッチ周辺やノズル部分も忘れずにお掃除しましょう。

おそうじ方法

お掃除の際、手の荒れやすい方は掃除用手袋をしましょう。

トイレ用洗剤を使って、柄付ブラシで掃除するとき以外や薄めたトイレ用洗剤でふき掃除をする場合には、必ず掃除用手袋を着用します。

便器の中

  • 汚れている部分に、トイレ用洗剤を直接かけ、2〜3分おいてからブラシなどでこすり、水を流します。ふち裏にかけるときは洗剤がしっかりかかるようにします。
  • 長期間放置されたガンコな汚れには、トイレ用洗剤をかけてトイレットペーパーを貼りつけ、約5分湿布し、洗剤をよく浸透させてからブラシでこすります。

汚れやすい部分

  • ふちの裏
  • 水がたまっている部分のまわり
  • 水たまりの底
汚れやすい部分

こうするとお掃除しやすくなります

バケツなどで水を勢いよく注ぐと、水位が下がります。完全に水を抜く場合やタンクのない便器の場合には、小さな容器などを使って水をくみ出します。

バケツなどで水を勢いよく注ぐと、水位が下がってお掃除しやすくなります。

それでも落ちない汚れには…

クレンザーでこすり落とします。

トイレ用洗剤を使った後は、洗剤が便座につくこともあるので、必ず便座を水ぶきしましょう。便座の材質が、ABS樹脂の場合は、どの洗剤を使った場合にも、便座に影響を与えることがあるので最後にしっかり水ぶきをして洗剤を残さないように注意します。

便座、便器の外側

  • トイレ用ふき取りクリーナーをスプレーし、トイレットペーパーや布でふき取ります。薄めたトイレ用洗剤を布につけてふいてもよいでしょう。
  • 特に、汚れがつきやすいところ(便座の裏、便器のふち、便器の正面)は、念入りに。
  • 薄めたトイレ用洗剤を使った場合には、必ず最後に水ぶきをします。
  • 薄めたトイレ用洗剤の作り方: 水1Lにトイレ用洗剤1プッシュ(約10ml)

汚れやすい部分

  • 便座の裏
  • 便器のふち
  • 便器の正面
汚れやすい部分

  • ニオイの原因になっていることもあるので、ふたと便座のすき間や、便座と便器のすき間など、ふだんの掃除ではなかなか行き届かない部分も、時々点検しましょう。
  • トイレ用ふき取りクリーナーや薄めたトイレ用洗剤を含ませた布を、割り箸などにつけた用具で、すき間の部分を念入りにこすります。
ふたと便座のすき間

細い割り箸を使ってすき間をみがきます

便座と便器のすき間

細かい部分も忘れずにみがきましょう

温水洗浄便座のスイッチ部分

  • トイレ用ふき取りクリーナーをトイレットペーパーかやわらかい布にスプレーします。
  • 汚れを丁寧にふき取ります。
ここも汚れやすい

スイッチと便座の間も汚れやすい部分。こまめに掃除しましょう。

電気系統の故障の原因になったり、漏電する恐れがあるので、直接スプレーしないようにします。

温水洗浄便座の洗浄ノズル、温風吹き出し口など

  • 薄めたトイレ用洗剤、またはトイレ用ふき取りクリーナーを古い歯ブラシにつけます。
  • 軽くこすって汚れを落とします。薄めたトイレ用洗剤を使用した場合には最後に必ず水ぶきします。
「洗浄ノズル」の掃除をするときは、片手でノズルの下をささえながら行います。

「洗浄ノズル」の掃除をするときは、片手でノズルの下をささえながら行います。

掃除をするときのノズルの出し方は、メーカーや機種によって方法が異なりますので、取扱説明書にしたがって行います。洗浄方法も書いてある場合があるのでその方法も参考にしてください。