床の種類にあわせて、お掃除の仕方を選びましょう。掃除機では取れない汚れがあるので、拭き掃除もしましょう。掃除をしている間は、ホコリが下に積もりやすいので、床の掃除は一番最後に。
  • お掃除の際、手の荒れやすい方は掃除用手袋をしましょう。
  • 拭き掃除に使うタオルは、汚れたものではなく、きれいなものを使用しましょう。
  • 使用する洗剤の表示を必ず確認してから使いましょう。

フローリング

  • 住宅(リビング)用洗剤を、タオルにスプレーします。
  • 板の目に沿って、拭きます。

たたみ

  • 住宅(リビング)用洗剤を、タオルにスプレーします。
  • 畳の目に沿って、拭きます。
  • 畳は水気を嫌うので、拭いた後は風通しをよくして、しっかり乾燥させます。
タオルにスプレーします

タオルにスプレーします

畳の目に沿って拭く

畳の目に沿って拭く

カーペット

  • 住宅(リビング)用洗剤を、タオルにスプレーします。
  • タオルをロール状に巻き込み、きれいな面を出しながら、毛足に沿って拭きます。
汚れたら、きれいな面を出して拭く

汚れたら、きれいな面を出して拭く

カーペットのシミには…

  • 古い歯ブラシなどに、住宅(リビング)用洗剤の「泡」をつけます。
  • カーペットの毛の下から上へ、汚れをかき出すように、歯ブラシを動かします。
  • かき出した汚れをタオルに移します。
  • この作業を汚れが落ちるまで繰り返します。
カーペットのシミには古い歯ブラシを使います
  • 「泡」を使うのがポイント。洗剤液がカーペットの裏にしみにくくなります。
  • 汚れたタオルを使うと、再汚染されてしまうので、きれいなタオルを使いましょう。

カーペットのニオイの予防には、清潔キープ剤を使用します。カーペットには、悪臭の原因の皮脂や表皮ブドウ球菌が付着しています。表皮ブドウ球菌を除菌して、防臭しましょう。

カーペットのニオイの予防には清潔キープ剤を使用します