調理器具を洗う

調理器具は、使ったら汚れが乾いたりしみついたりする前に、できるだけ早く落としましょう。1ヶ月に1度を目安に、日常にたまった汚れを落とし、除菌を行っておきましょう。

まな板

  • タワシ、ブラシ、スポンジなどに食器洗い用洗剤をつけてこすります。
  • 包丁でついた傷には汚れが入り込みやすいので、かき出すように洗います。
  • 洗剤は水でしっかり洗い流します。
  • 清潔に保つために、1日に1回は除菌・漂白剤でしっかり除菌しましょう。
包丁でついた傷の方向へタワシを動かす

包丁でついた傷の方向へタワシを動かす

肉や魚を切った後のまな板に、熱いお湯(60℃以上)をかけると、タンパク質が熱で固まってとれにくくなります。水かぬるま湯で洗いましょう。

鍋・フライパン

  • 軽いこげつきがある場合は洗い桶に水かお湯を張り、食器用洗剤を入れてしばらく洗剤液につけておきます。
  • スポンジに食器用洗剤をつけてこすります。
  • 洗剤は水で洗い流します。
洗い桶など大きな容器に丸ごとつける

洗い桶など大きな容器に丸ごとつける

それでも落ちない汚れには…

  • 鍋やフライパンに水かお湯を張り、食器用洗剤を入れてしばらく洗剤液につけておきます。
  • タワシなどでこすります。落ちない時は、スポンジなどにクレンザーをつけてこすります。
  • 汚れと洗剤をよくすすぎます。

テフロン加工されている調理器具は、クレンザーや割り箸、タワシや硬いスポンジなどでこすると傷がついて加工がはげてしまうことがあります。

包丁

  • スポンジに食器用洗剤をつけてこすります。
  • 刃と柄の境の部分は入念に洗い、水でよく洗い流します。
  • 水気を切って乾燥させます。