上手に使うために

気になる汚れに合わせて洗剤を選びます。

洗剤の選び方

食器洗い機には、必ず食器洗い機専用洗剤を使います。

食器やグラスのくすみも気になる場合

食器洗い機用の「ジェル・中性タイプ」専用洗剤をおすすめします。

ジェルなので洗剤の溶け残りがなく、食器やガラスのくすみ汚れもしっかり落とせます。

  • 食器洗い機用に開発されたジェルタイプ洗剤は、粉タイプと同様に泡立ちがないので、安心して使えます。

とにかく汚れを落としたい場合

食器洗い機用の「粉・弱アルカリタイプ」専用洗剤をおすすめします。

ご飯や卵など乾いてこびりついた汚れもしっかり落とせます。

食器洗い機の洗剤成分とメカニズム

食器洗い機は、手洗いと比べて 1. 高圧の洗浄水を噴射して洗うので力が強い、2. 手洗いでは使えない高温の湯で洗う、3. 洗浄時間が長いといった特徴があります。食器洗い機の専用洗剤は、その特徴に合わせ、次のような成分で構成されています。

界面活性剤

水だけでは落とせない油汚れなどを界面活性剤の中の油になじみやすい性質である親油基が包み込み、もう一方の水になじみやすい性質の親水基の作用によって洗い流すことができます。

食器洗い機は、一度にたくさんの食器をいっしょに洗うので、汚れの「再付着防止作用」が重要。1枚でも汚れのひどいお皿があると、他のお皿に汚れが移ってしまいます。

酵素

食器洗い機では洗浄温度が高く、手洗いに比べて洗いの時間が長いので、酵素がしっかり働き、汚れを細かく分解して落としてくれます。

酵素の作用のメカニズム

酵素は、鍵と鍵穴のように、たくさんの相手の中から自分にあった相手だけに作用します。タンパク分解酵素はタンパク質だけ、でんぷん分解酵素はでんぷんにだけ作用します。