上手な使い方

食器洗い機が得意な材質や汚れを理解して、上手に使いましょう。

食器洗い機で洗うと便利なものと避けたいもの

食器洗い機は高温、高水圧で洗浄するため、洗うものの汚れや材質によっては向き不向きがあります。それをよく理解して、手洗いするものと食器洗い機で洗うものを分別しましょう。

食器洗い機で洗うと便利なものとその例

赤ちゃん用の食器など微生物(細菌やカビ)が気になるもの哺乳瓶、ストローつきカップ、お弁当箱(耐熱温度に注意)
こまめに除菌したいものプラスチック製まな板、包丁(鉄製は除く)
目が細かくて洗いにくいもの(材質に注意)おろし金、すり鉢、泡立て器、ざる、茶こし、裏ごし器、粉ふるい
複雑な形で洗いにくいもの調味料入れ、箸入れ、箸置き(大きさ注意)、ミキサー(洗える部分)、急須
大きくて洗いにくいものフライパン(鉄、銅製は除く)、鍋(鉄、銅製は除く)、電子レンジの受け皿
茶渋がつくもの湯飲み、コーヒーカップ、ティーカップ
油ギトギト、さわりたくないもの油こし器、魚焼きグリル
食器洗い機で使える材質か、水流があたる形であるかを必ず確認しましょう。

食器洗い機で洗うのを避けたいものとその理由

耐熱表示のないプラスチック製品(耐熱90度以下のもの)変形する
カットグラス、クリスタルグラス白くにごったり、割れる
漆塗り食器、金箔入り食器、重箱漆や金箔がはがれる
上絵付の食器 表面に変色やくもりが生じる
銅製・銀製の鍋や食器変色する
ひびの入った食器割れる
小さすぎるもの水圧で飛んで割れる
口の小さいもの中が洗えない
鉄製のものさびる
ふきん、スポンジ食器、調理器具以外は入れない

そのほか、お手持ちの食器洗い機の取り扱い説明書で禁止されているものを必ず確認しましょう。

食器洗い機で落としにくい汚れ

食器洗い機では落としにくい汚れもあります。以下の汚れは、あらかじめ洗い落としてから食器洗い機にセットしてください。

  • グラタンなどのこげつき
  • 茶碗蒸しなどのこびりつき
  • 鍋などの焼けコゲ
  • コップなどについた口紅

上手な使い方

  • 食器の残さい(食べ残し)を捨てます。水で軽く流したり、キッチンペーパーで汚れを拭き取っておくと、残さいフィルターのお手入れがラクになります。
  • 食器が重ならないようにすき間をあけながら、食器をセットします。コップなどは下向きに配置します。
  • 食器洗い機専用洗剤を所定の場所に入れます。
  • コースを選び、スタート。汚れが少なければ短時間での節約コースで済むこともあります。
  • 運転終了後、食器をしまいます。
  • 残さいフィルターのお手入れをします。
洗浄ノズルから噴射される洗浄液がしっかりあたるように配置

洗浄ノズルから噴射される洗浄液がしっかりあたるように配置


残さいフィルターは使用のたびに残さいを取り除く

残さいフィルターは使用のたびに残さいを取り除く

使う時の注意点

一般の食器洗い用洗剤を食器洗い機に使うと、泡が大量に発生して故障の原因に! 薄めても泡は発生するので、予洗い(あらかじめ水で汚れを流しておくこと)で食器洗い用洗剤を使った時はよくすすぎます。

残さいフィルターはこまめにお手入れを。運転終了後は高温になるので、運転終了後30分以上経過してから行うようにします。

食器洗い機は、高温、高水圧で洗います。また、専用洗剤によっては、洗えない食器もあります。食器をセットする前に確認しましょう。