カビ・ヌメリの話と予防策

換気をよくして、高温多湿の状態を避けます。栄養源となる汚れをこまめに取り除きましょう。

カビとは?

カビは微生物の一種。「真菌」という仲間に分類され、住空間には数えきれない種類のカビが生育しています。それが、汚れやニオイの原因となったり、材質を劣化させたりします。また、カビの胞子はアレルギー疾患の原因(アレルゲン)になるとも言われており、近年では健康との関係が注目されています。

カビの発生しやすい場所と予防策

高温(20〜30度)・多湿(70%以上)・汚れ(栄養源)の3つの条件が揃う場所です。

キッチン、浴室(壁や天井、床の隅、小物類の底部)、トイレ、洗濯槽、窓、押入れ、エアコンのフィルターなど。こまめに換気と掃除を行って、湿気と汚れを取り除き、カビが繁殖しにくい環境をつくりましょう。

キッチン
火を使ったり、炊飯器を使う時は、換気扇をまわしましょう。
浴室
体を洗った泡と一緒に、カビの栄養源となる皮脂と垢が壁や床に飛び散っています。1週間に1回は洗剤を使ってお掃除しましょう。
入浴後は窓をあけたり、換気扇をまわして湿気がたまらないようにしましょう。
入浴後に、壁や床にお湯→水の順にシャワーを流しておくと、カビ予防になります。
トイレ
換気をこまめに行って、湿気がこもるのを防ぎます。
洗濯槽
洗いあがった洗濯物は、早めに取り出しましょう。
洗たく後はしばらくの間、洗濯機のふたをあけておきましょう。
月に1回洗濯槽クリーナーを使って汚れを落とすとカビの予防になります。
結露を拭き取り、換気をよくしましょう。
押入れ
すのこを敷いたり、ものを詰め込みすぎないなど、通気性をよくする工夫を。
天気の良い日には扉を開けて空気の入れ替えをしましょう。
エアコン
定期的にフィルターを掃除しましょう。

ヌメリとは?

細菌・酵母・カビなどの微生物と、それらが増殖する際に出す、ヌルヌルした粘着物の集合体がヌメリの正体です。ピンクヌメリなどの色があるものは、色素を持った微生物がその原因です。また、ヌメリは悪臭の原因にもなります。

ヌメリの発生しやすい場所と予防策

基本的にはカビが発生しやすい場所と同じです。キッチンのストレーナー、三角コーナー、水切りカゴ、蛇口の根元や浴室の排水口、床の隅、イスや洗面器の裏側、収納棚など。予防策として次の3箇条を徹底しましょう。

  • 生ゴミや食品の汚れ、浴室の排水口のゴミは、こまめに取り除きましょう。
  • 水まわりの水分を残さないよう、拭き取りましょう。
  • 定期的にアルコール除菌剤、除菌・漂白剤を使って、除菌を行います。