花粉(花粉症)の話と花粉対策

花粉のつきにくい衣料を着用し、こまめに洗濯しましょう。花粉の季節は、洗濯物を外に干さず、部屋干しや乾燥機を活用しましょう。花粉が少ない早朝や夜に換気を行い、こまめに室内を掃除しましょう。換気を行う場合は、花粉が少ない早朝や夜に行い、こまめに室内を掃除しましょう。外出時は、マスク・めがね・帽子を着用し、花粉が目鼻や口に入らないようにします。

花粉症とは?

花粉症とは、花粉によって引き起こされるアレルギー症状です。「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」などの鼻かぜに似た症状が出ますが、「熱が出ない」という特徴があります。

花粉の予防策

ルームケア
花粉が舞う、風のある晴天の日は窓を開けないようにしましょう。
換気を行う場合は、花粉が少ない早朝や夜の時間帯を選びます。
掃除機を念入りにかけ、室内に入り込んだ花粉を吸い取ります。
フローリングやビニール床は、水拭きするとさらに効果的です。
衣類のケア
外出中の一番外側に着る衣類は、表面が平滑な生地のものや、丈が長めのコートを着用しましょう。
帰宅後の衣類はこまめに洗濯して、表面に付着した花粉を落としましょう。
外出前に、静電気防止スプレー(エレガード)をかけておけば、静電気で吸い寄せられる花粉が衣類に付着するのを防げます。
(スプレーした衣類は乾いてから着用しましょう。濡れた繊維に花粉が絡み、かえって花粉がついてしまいます。)
洗濯物・布団のケア
花粉の季節は、洗濯物はできるだけ部屋干ししましょう。特に風のある日の外干しは避けます。衣類乾燥機の使用もおすすめです。
外干しした洗濯物は、花粉を振り払って、すぐに取り込みます。
布団はよくはたいて花粉を落とします。さらに掃除機をかければ、花粉がしっかり取り除けます。
ボディケア
外出時は、マスクやめがねを着用しましょう。花粉が目鼻や口に入るのを防ぎます。
髪の毛は束ねたり、帽子を着用して、花粉の付着を防ぎます。
帰宅後は、シャワーで全身を洗い流しましょう。難しい場合は、うがい・手洗いを習慣づけ、目も洗浄すると良いでしょう。
鼻水や鼻づまりには内服薬や点鼻薬、目のかゆみには目薬などで、各症状をやわらげることができます。

花粉症のメカニズム

日本の花粉症は、その80%が2〜4月頃に起こるスギ花粉症です。

花粉の構造 花粉の構造と花粉症のメカニズム 花粉が飛ぶ時期