ニオイの話と予防策

キッチンでは、生ゴミはこまめに捨てましょう。キッチンでは、食品の保存に充分注意し、傷みを防ぎましょう。トイレでは、便器のふち裏、床、壁をこまめにお掃除しましょう。寝具は、枕カバーやシーツなどを定期的にお洗濯しましょう。

ニオイとは?

家庭で微生物によるニオイが発生しやすいのは、主に1.キッチンの生ゴミ臭、2.トイレのニオイ、3.寝具などの布製品のニオイの3箇所です。それぞれのニオイの性質は、次のとおりです。

キッチン
微生物が食品を分解する時に、さまざまなニオイ物質が生じます。多くの場合、その発生源は生ゴミ。生ゴミの悪臭はひとつのニオイ物質ではなく、いくつかの物質が混ざったものです。
トイレ
ふち裏や床、壁に飛び散った尿を、微生物が栄養にして増殖する際に、アンモニアを発生させます。これが、トイレが「なんとなく臭う」原因です。
寝具
枕カバーやシーツなどについた皮脂を微生物が栄養にして増殖するときに、悪臭成分を出します。しみ込んだ汗なども、ニオイの原因になります。

寝具のニオイ発生メカニズム

寝具には汚れとして、『皮脂』。微生物としては『表皮ブドウ球菌』が付着しています。
この表皮ブドウ球菌は、皮脂を栄養にして増殖する際、皮脂を分解して悪臭成分である『アルデヒド類(炭素鎖長が8や9のアルデヒド)』を発生させます。
このアルデヒド類のニオイは、いわゆる“お父さんの枕のニオイ”に似ています。

菌が皮脂を分解して悪臭が発生

菌が皮脂を分解して悪臭が発生

皮膚常在菌の表皮ブドウ球菌

皮膚常在菌の表皮ブドウ球菌

ニオイ物質の種類

ニオイ物質 ニオイのイメージ
硫黄化合物 メチルメルカプタン 腐ったタマネギのニオイ 野菜や卵、乾燥した尿など
エチルメルカプタン 腐ったキャベツのニオイ
n-プロビルメルカプタン 不快臭
硫化水素 エーテル様臭、不快臭
窒素化合物 メチルアミン 生魚臭 魚や肉、トイレのなか
ジメチルアミン 腐魚臭
トリメチルアミン 刺激のある生魚臭
アンモニア 刺激臭
スカトール 糞便臭
脂肪酸 酢酸 刺激臭 果実や野菜
プロピオン酸 不快臭
酪酸 汗臭 乳製品
イソ吉草酸 ワキガ臭、足臭 体臭
ケトン、アルデヒド アセトアルデヒド 刺激臭(接着剤様臭) 野菜(玉ねぎ、ニラ)、寝具など
プロピオンアルデヒド 刺激臭(接着剤様臭)
アクロレイン 刺激臭(ホルマリン様臭)

ニオイの予防策

微生物の増殖を防ぐため、次の4点に気を配りましょう。

  • キッチンでは、食品の汚れなどをこまめにお掃除して落として、微生物の栄養源をつくらないように心掛けましょう。
  • トイレでは、ふち裏、床、壁を重点的にお掃除します。
  • 寝具は1週間に1回はお洗濯をして、枕カバーなどを取りかえましょう。
  • 定期的にアルコール除菌剤を使って、除菌しましょう。