冷凍の基本&上手な解凍方法(冷蔵/冷凍)

食材が使い切れなくて余ったとき、食材をまとめ買いしたときなど、上手に冷凍すれば、長期間保存が可能です。手軽で便利な冷凍&解凍法を身につけましょう。

使う時のことを考えて、1回に使う分量に小分けして冷凍します。おいしさのためには、なるべく新鮮なうちに冷凍します。できるだけ、空気を抜いた状態にして冷凍します。
冷凍した日を明記して、保存期間は長くても1ヶ月を目安に。解凍は食材や料理の用途に合わせて、「自然解凍」「流水解凍」「電子レンジ解凍」「凍ったまま使用」を使い分けます。

冷蔵する前に

食材を新鮮な状態に保ったまま冷凍を成功させる最大のポイントは、できるだけすばやく冷凍することです。多くの食材は、−1℃〜−5℃で凍ります。最近では、専用の急速冷凍機能のある冷蔵庫もありますが、このような機能がなくても、冷凍室の温度設定を「強」や「冷たい」などに合わせると早く冷凍することができます。
また冷凍する際、温度の伝わりが速い金属製のトレイなどの上に食材をのせたり、温度の伝わりの悪い空気をできるだけ抜いたりすると、より早く冷凍することができます。

基本の冷凍テクニック

1回で使い切る分量に分ける
小分けにした方が解凍しやすく、また、一度解凍したものを再び冷凍すると食材が劣化してしまうので、1回で使い切る分量に分けて冷凍します。冷凍用保存容器やジッパーつき保存バッグを利用して、上手に小分けしましょう。
薄く平らにして、冷凍する
できるだけ早く冷凍させるためには、ラップで包んでジッパーつき保存バッグに入れ、薄く平らにして凍らせます。薄切り肉やひき肉、ご飯などはこの方法がおすすめです。
食材を平らにしている図
できるだけ空気を抜く
保存中の傷みを防ぐコツはできるだけ空気に触れさせないことです。まず食材をラップでピッタリ包んでからジッパーつき保存バッグに入れ、しっかり空気を抜いてフィルムを食材に密着させるようにしてチャックを閉じます。また、ストローを使って吸い出すと中の空気をしっかり抜くことができます。
ストローで空気を抜いている図

ストローを保存バッグの底まで差し込み、空気を吸います。吸い終わったら、ストローをつぶすようにして抜きます。

冷凍に便利なグッズを揃える

冷凍する際には、ラップフィルム、ジッパーつき保存バッグ、保存容器、金属製トレイなどがあると便利です。

ラップ
少量ずつ食材を包んで小分けして冷凍する際に便利です。ラップの耐冷、耐熱温度を確認しましょう。
ジッパーつき保存バッグ
薄く平らになるので食材を急速冷凍しやすく、場所も取りません。密閉できるので、食材の酸化や臭い移りを防止します。開閉が楽で小出ししやすいので、ラップで包んだ食材を入れて、整理整頓にもなります。
保存容器
保存する食材に合わせて大きさや形を何種類か揃えると便利です。耐熱性のものがあるとそのまま電子レンジにも使えて便利です。
金属製トレイ
急速に冷凍する時に便利なトレイ。冷気の伝導性がいいアルミ製かステンレス製のものが最も適しています。

解凍テクニック

自然解凍
室温で解凍する室温解凍と、冷蔵室に移して解凍する方法があります。夏場の室温解凍では、戻しすぎて食品が傷むことがあるので注意しましょう。時間のあるときは味を損ないにくく衛生的な冷蔵室の解凍にしましょう。肉や魚の解凍におすすめです。
流水解凍
冷凍した際の袋のまま水につけて、解凍します。食品に直接水が触れると、風味や栄養を損なうことがあるので注意しましょう。エビやイカ、タコなどの魚介類などの解凍におすすめです。
電子レンジ解凍
短時間で解凍できます。生ものは、加熱ムラができないように様子を見ながら7、8分目くらいの半解凍にします。ご飯やスープなどの調理済みのものの解凍におすすめです。
凍ったまま調理する
料理によっては、凍ったままの状態で調理することもできます。特に、野菜を汁物や炒め物などの加熱調理に使うときにおすすめです。