野菜の上手な保存方法(食品別)

知っているようで意外と知らないのが野菜の保存方法。野菜は生きている食品ですので、畑で育った状態に近い形で保存するのがベストです。各素材別の保存方法を確認しましょう。

野菜の乾燥や酸化を防ぐために、ラップしてからジッパーつき保存バッグに入れます。臭い移りを防ぐ効果もあります。野菜は育った状態で保存するのが長持ちさせるコツ。特に葉物野菜は、葉先を上にして立てて収納します。

野菜の保存あれこれ

青菜類(ホウレン草、小松菜など)

冷蔵
葉先を上にして立てて保存すると鮮度が落ちません。軽く霧吹きをしてから、ペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて立てて野菜室で保存します。さらに、ジッパーつき保存バックごと牛乳パックやペットボトルなどに入れて保存すると、より安定します。
牛乳パックやペットボトルを活用してたて置きにしている図葉物野菜をジッパーつき保存バッグに入れ、さらに牛乳パックやペットボトルを活用してたて置きにしている図

芋類(ジャガ芋・里芋・さつま芋)

冷暗所で保存
冷蔵しなくてもよい野菜なので、冷暗所で保存します。

カボチャ

冷暗所で保存
丸ごとなら冷蔵しなくてもよい野菜なので冷暗所で保存します。カットした場合、腐りやすい種の部分を取り除き、ラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

きのこ類(シイタケ・シメジ)

冷蔵
シイタケ(生)は石づきを取り、水気をよくふき取ります。軸のついていた方を上にしてジッパーつき保存バッグか密閉容器に入れて野菜室に保存します。シメジはそのままカサを上にして、シイタケと同様に保存します。

キャベツ

冷蔵
丸ごと保存する場合は、芯をくりぬき、ぬらしたペーパータオルを詰めてジッパーつき保存バッグに入れます。芯を下にして野菜室で保存します。
キャベツの芯をくりぬき、ペーパータオルを詰めている図

キュウリ

冷蔵
乾燥にも水気にも弱い野菜です。ペーパータオルで表面の水気をよくふき取って1本ずつラップに包みさらにジッパーつき保存バッグに入れて立てて野菜室で保存します。冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

ショウガ

冷暗所か冷蔵庫の温度が低すぎない場所で保存
乾燥にも水気にも弱い野菜です。ペーパータオルで表面の水気をよくふき取って、ラップで包み、冷暗所か冷蔵庫の温度が低すぎない場所で保存しましょう。皮をむいたり、切ったりした場合は冷凍保存がよいでしょう。

玉ネギ

冷暗所で保存
湿気がこもると腐りやすくなるので、通気性の良い冷暗所で保存しましょう。冷蔵しなくてもよい野菜ですが、夏場や新玉ネギは冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。

トマト

冷蔵
ジッパーつき保存バッグに入れ、へたを下にして野菜室に入れますが、重なった部分から傷んでくるので注意が必要です。ひとつずつペーパータオルに包んでから、ジッパーつき保存バッグに入れるのがベストです。冷やしすぎても傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室に入れましょう。

長ネギ

冷暗所、または冷蔵で保存
新聞紙などに包んで冷暗所で立てて保存します。使いかけのものはジッパーつき保存バッグに入れ、立てて冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

ナス

冷暗所、または冷蔵で保存
ポリ袋またはジッパーつき保存バッグに入れ、乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、冷暗所で保存します。
夏場は冷蔵庫の野菜室に入れましょう。冷やしすぎると傷みが早くなるので、必ず温度が高めの野菜室で保存しましょう。

ニンジン

冷蔵
ペーパータオルに包み、ジッパーつき保存バッグに入れて野菜室で保存します。

白菜

冷暗所で保存
丸ごと保存する場合は新聞紙などに包み、冷暗所で保存します。カットした場合はジッパーつき保存バッグなどに入れて、乾燥を防ぎながら通気もするように口の一部だけ開け、野菜室で保存します。

レタス

冷蔵
丸ごとの場合、ペーパータオルに包んでジッパーつき保存バッグに入れ、芯を下にして野菜室で保存します。ペーパータオルはレタスを取り出すたびに新しいものに変えましょう。水気をそのままにすると、かえって腐りやすくなることもあります。また手でちぎって、芯をくりぬいておくと腐りにくくなります。
レタスの芯をくりぬいて、ペーパータオルで包んでいる図

レタスは手でちぎると変色しにくい

レタスの切り口が変色するのは、酵素がポリフェノールを酸化させるためです。包丁の鉄分はこの働きを強め、レタスの切り口を褐変しやすくするので、手でちぎった方が変色しません。

表 野菜の保存法
密閉
ジッパーつき保存バッグ または ラップ+ジッパーつき保存バッグ
一部通気
ジッパーつき保存バッグのジッパーの一部を開けておく
通気
そのまま、またはネットなどに入れる