健康派

長年活躍したお風呂のカビをリセットして明るい浴室へ!「カビ対策」掃除術 タイルの目地にはカビが生えやすく、浴室の雰囲気も暗くなります。洗剤を安全かつ上手に使ってカビをリセットしましょう。梅雨から夏にかけて誰でも役立つカビ対策です。

壁や床のカビを防ぐには

浴室のカビの原因は、皮脂や垢などの『体からの汚れ』と『湿度』『温度』です。汚れは壁にも飛んでいます。入浴後は浴室全体にシャワーを流して汚れを除去し、しっかりと換気しましょう。仕上げに除菌・抗菌スプレーをしておくと、より効果的です。
週に1度は浴室用洗剤を使って、落としきれなかった汚れを除去しましょう。

排水口のヌメリ・ツマリ

排水口周辺は、たまった髪の毛に汚れが絡み付いてヌメリやニオイが発生したり、つまってしまうことも。そうなる前に、たまった髪の毛は取り除き、浴室用洗剤を使って洗いましょう。
ヌメリがあるときはカビ取り剤で、ツマリが発生したときはパイプクリーナーでキレイにしましょう!

ピンクヌメリ

すぐに生えてしまうピンク色のヌメリは、ロドトルラという酵母です。こすれば簡単に落とせるので、浴室用洗剤を使ってこまめに落としましょう。除菌・抗菌スプレーをかけておくと、生えにくくなるのでオススメです。

それでも汚れがたまってきたと感じた時は

  • カビやヌメリが発生した場合は、カビ取り剤を使用してしっかり除去しましょう。
    • カビ取り剤を使うときは『こすらないこと』がポイントです!こすってしまうとカビの菌糸が材質の奥に入り込んでしまって取れにくくなります。スプレーしたらこすらず5分ほど待ってシャワーで流します。
    • カビ取り剤は空気と触れることでより効果を発揮します。一度にたくさんかけるより、カビに薄く付くようにかけると効果的です。一回で落とせなかったら、数回に分けて行います。
    • タイルの目地には、横方向の溝にスプレーをかけると液が留まりやすくなるので、効率的にお掃除ができます(右写真参照)。
    • カビ取り剤で落とせない黒い汚れは、石鹸カスなどの汚れが黒くなったものです。浴室用洗剤やクレンザー を使って落としましょう。
注意事項
  • 天然大理石、ステンレス以外の金属、木製品などにはカビ取り剤は使えません。
  • カビ取り剤を使うときは、必ず換気をしてください。
  • マスク、ゴーグル、手袋などを着用して使いましょう。
  • 酸性タイプの製品と一緒に使うと有害な塩素ガスが出て危険です。同時使用は避けて下さい。