繊維の種類

多くの衣料は複数の素材の組み合わせによって作られています。衣料のお手入れには、どのような素材が使われているかをチェックすることが大切です。衣料の素材を示す「組成表示」は多くの場合、「取扱い絵表示」と一緒に表記されています。

天然繊維

綿

特徴丈夫で濡れても強度がある。汗や水を吸いやすい。
手入れに関係する性質洗濯や漂白が容易。乾きにくく、しわになりやすい。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度高(180℃〜210℃)

特徴強い。滑らかで冷感がある。弾力性がない。しわになりやすく、しわになると取れにくい。
手入れに関係する性質強い摩擦により毛羽立つ。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度高(180℃〜210℃)

羊毛(ウール)

特徴表面にスケール(うろこ状のもの)があり、縮れている。吸湿性がよく、はっすい性がある。保温性が大きい。虫害にあいやすい。
手入れに関係する性質乱暴に洗濯すると繊維が絡み合って縮む。アルカリに弱い。塩素や日光で黄変し、弱くなる。
基本の洗剤中性洗剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

カシミヤ

特徴カシミヤ山羊の毛のこと。ウールよりも細くてやわらかく、独特のぬめりがある。保温性もよい。
手入れに関係する性質ニット製品は型くずれしやすい。摩擦に弱く、破れや毛玉が発生しやすい。アルカリに弱い、塩素や日光で黄変し、弱くなる。
基本の洗剤中性洗剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

羽毛(ダウン、フェザー)

特徴水鳥の羽の総称。ダウンは羽軸がなく、わた毛状をしている。空気を多く含むため、非常に軽く、やわらかで保温性が良い。フェザーは羽軸がある羽で、一般的にはスモールフェザーが使われている。
手入れに関係する性質日光に弱い。乱暴に扱うとフェザーは折れるなど、傷みやすい。
基本の洗剤中性洗剤
基本のアイロンの温度アイロンはかけない

絹(シルク)

特徴細くしなやかな感触で、光沢に富む。吸湿性がよい。虫害に合いやすい。
手入れに関係する性質摩擦をすると光沢を失いやすい。塩素や日光で黄変し、弱くなる。
基本の洗剤中性洗剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

再生繊維

レーヨン、テンセル

特徴吸湿性がある。汗や水を吸いやすい。ドレープ性がある。
手入れに関係する性質水に濡れると、強度が低くなる。乾きにくく、しわになり、縮む。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

※テンセル: レーヨンよりもややしわや収縮が少ない。

キュプラ

特徴細くて光沢がある。吸湿性、吸水性がある。高級裏地として使われる。
手入れに関係する性質レーヨンよりは強いが、水に濡れると強度が低くなる。乾きにくく、しわになり、縮む。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

半合成繊維

アセテート、トリアセテート

特徴絹のような光沢と風合いがある。
手入れに関係する性質引っ張りや摩擦などに弱い。塩素やアルカリに弱い。除光液に含まれるアセトンで溶ける。
基本の洗剤中性洗剤
基本のアイロンの温度低(80℃〜120℃)

合成繊維

ナイロン

特徴引っ張り強度が大きい。軽く、伸縮性や弾力性がある。合成繊維の中では吸湿性、吸水性が比較的ある。
手入れに関係する性質乾燥しやすく、収縮しにくい。熱に弱く、塩素や日光で黄変する。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度低(80℃〜120℃)

ポリエステル

特徴軽くて、基本的には強い。しわになりにくいが付くと取れにくい。吸湿性、吸水性が小さい。
手入れに関係する性質乾きやすく、型くずれしにくい。熱に弱い。静電気で黒ずみやすい。
基本の洗剤弱アルカリ性剤
基本のアイロンの温度中(140℃〜160℃)

※改質されたポリエステルにはデリケートなものもある。

アクリル

特徴軽くて、かさ高く、保温性が良い。
手入れに関係する性質毛糸にしたものは毛玉ができやすく、静電気で汚れやすい。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度低(80℃〜120℃)

ポリウレタン

特徴軽く、ゴムのような伸縮性、弾力性がある。
手入れに関係する性質熱に弱い。塩素や日光の影響を受けて強度が低下し、やや黄変する。経時劣化する。
基本の洗剤弱アルカリ性洗剤
基本のアイロンの温度低(80℃〜120℃)