絵表示の確認

取り扱い絵表示は、洗い方や洗剤などの大事な情報源です。初めて洗濯するときは、必ず絵表示を確認しておきましょう。

家庭で洗うことができる表示

「水洗い可」表示

「水洗い可」表示がついている衣料は、家庭で洗濯することができます。絵表示に従って、洗い方や洗剤などを選びましょう。

40

液温は40度を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。

手洗い30

液温は30度を限度とし、弱い手洗いがよい。※全自動洗濯機の手洗いコースでも洗える。

40

液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい。

   

「水洗い不可」の表示

「水洗い不可」の表示がついていても、家庭で洗濯できる衣料があります。

このマークがついている場合は、素材や色落ちのチェックをして、クリアすれば全自動洗濯機のドライ表示対応コースで洗う、または洗濯桶などでつけ込み洗いをします。

水洗い不可・ドライマーク

「水洗い不可」表示衣料の素材や色落ちなどのチェック

以下の項目にひとつでも該当した場合は、家庭での水洗いはできません。
表地のほかに、裏地や装飾などの付属品もチェックし、洗える衣料を見分けましょう。

素材
絹、レーヨン、キュプラ、アセテートと、これらの混紡品。毛皮・皮革製品。
表面の状態
プリーツやしわ加工、クレープ、ジョーゼット、ちりめんなど「しぼ」や凹凸のあるもの。
ベルベット、ベッチン、ベロアなど毛足が長いもの。
芯地
芯地を多く使っていたり、型くずれがしやすい衣料
例:スーツ・ジャケット類、コート、ネクタイなど
色柄
以下の方法で色落ちするもの。
色落ちチェック
衣類の下に白い布を敷きます。

「おしゃれ着用洗剤」の原液をつけた白い布で、縫いしろなどの目立たない部分をたたき、色落ちを確認します。

色落ちを確認します
その他
アイロンがけが難しい衣料
素材や洗い方が確認できない衣料
和服や和装品、水洗い不可のカーテンなどインテリア製品
水を通しにくい衣料