干す

干し方にひと工夫すると、アイロンがけが楽になったり、衣料の仕上がりが美しくなります。

干す前の整え方

基本は「振りさばく」または「軽くたたく」

  • 衣料を振りさばいて、大きいしわをできるだけ取ります。※ニットには向きません
  • 衣料を手のひらに乗る程度に、手のひらで軽くたたいて表面のしわを取ります。
  • 縫い目の縮みをのばし、全体の形を整えます。
肩などを持って振りさばく

肩などを持って振りさばく

スタイルアップのためのひと工夫

よりキレイに仕上げるために、干す前にひと工夫を加えてみましょう。次のような方法があります。

指先アイロン

指先アイロン

フリル部分のかがり糸をピンと伸ばす

手のひらアイロン

手のひらアイロン

衣類の表面にあるしわを、手のひらで左右になでて伸ばす

ポンポンアイロン

ポンポンアイロン

ニットなど厚みのある衣料はテーブルなど台の上に置いて、ポンポンたたいてしわを取る

サンドアイロン

サンドアイロン

スラックスやシャツなどは吊して、両側から手ではさんで上から下にすべらせる

パシッパシアイロン

パシッパシアイロン

ズボンの裾のしわなどは、上から下に手で払って伸ばす

ピッピ・テク

ピッピ・テク

ブラウスなどのフリル部分は、横に軽く引っ張ってから形を整えると、ヨレや垂れが少なく仕上がる

自然なハリのある仕上がりで、スタイルをキープするには

シャツやブラウス、ポロシャツなど、洗濯じわを伸ばし、自然なハリでスタイルをキープしたい衣類には、干す時にしわ取り防臭スプレーを使いましょう。
しわになりやすい部分などに充分にスプレーしたあと、手でピンピンと引っ張り、形を整えて干せば、アイロンなしでも簡単に洗濯じわが伸び、ハリのある仕上がりになります。

干し方

干し方によって乾燥後の衣料の仕上がりに差が出てきます。絵表示をよく確認して、衣料に合った干し方を心掛けましょう。

変色や傷みを防ぐ

陰干し

陰干し

直射日光が当たると黄ばんだり、傷んでしまう毛やナイロン、ポリウレタン素材の衣料、色あせを防ぎたい衣料に

衣料の形くずれを防ぐ

平干し

平干し

セーターなど型くずれしやすい衣料に。平干しネットの上で平らに干す

筒干し

筒干し

スカートやパンツ類に。型くずれが防げる

早く乾燥させる

乾きやすくするために、洗濯物の間隔を開けたり、大きいものはできるだけ広げたりして、風の通りを良くしましょう。

裏返し干し

裏返し干し

スラックスやジーンズなど裏にポケットなど、布地の重なり合っているものは裏返す

M字干し

M字干し

丈の長いものは、物干しざおを二本並べて、その上に乗せてM字にして干す

じゃばら干し

じゃばら干し

シーツなど大きな物を狭いスペースに干す場合、小物干しにじゃばら状にして吊す