アイロンがけ

アイロンがけは基本を理解し、ちょっとしたコツをつかめばキレイに楽に行えます。

アイロンがけのポイント

アイロンの適正温度

衣料の取扱い絵表示を確認して、アイロンの温度を適温に合わせます。

アイロン高

アイロンの温度は210度を限度とし、高い温度(180度から210度まで)でかけるのがよい。

対応する繊維:
綿・麻

アイロン中

アイロンの温度は160度を限度とし、中程度(140度から160度まで)でかけるのがよい。

対応する繊維:
羊毛・カシミヤ・絹・レーヨン・キュプラ・ポリエステル・ナイロン

アイロン低

アイロンの温度は120度を限度とし、低い温度(80度から120度まで)でかけるのがよい。

対応する繊維:
アセテート・トリアセテート・ナイロン・アクリル・ポリウレタン

アイロン不可

アイロンがけはできない。

アイロンあて布

あて布をする。

複数の繊維が混紡されている場合の温度

混紡品の場合は、アイロン温度は低い方に合わせます。たとえば綿とポリエステルを混紡した衣料は、低い方のポリエステルの温度に合わせましょう。

かけ方のコツ

  • アイロンを当てる前に、アイロン台の上で衣料のしわを伸ばし、きちんと置きます。
  • アイロンは一方向にゆっくり動かします。
  • アイロンを持たない方の手は布をおさえたり、縫い目を引っ張るのに使います。

スチームとドライの使い分け

スチーム機能は、蒸気でウールなどのニット製品をふんわり仕上げたい時に使用します。ワイシャツなど綿製品のしわを取りたい場合は霧吹きやしわ取り防臭スプレーで水分を与えて、ドライでかけます。合成繊維は水分による効果はないため、ドライでかけます。
霧吹きがわりにしわ取り防臭スプレーを使うと、しわが伸びやすく、アイロンすべりもよいので、アイロンがけが楽になります。

かけた後は水分や熱をしっかりとって

親水性繊維の綿やレーヨンなどは、水分を吸うことで縮んでしわになったり、のびたりします。十分に水分を与えてしわをのばし、アイロンの重みと熱でプレスするとしわがのびた状態でセットされます。水分が残っているとしわになりやすいので、きちんと乾燥させましょう。また、アイロンを掛けた後はしばらくハンガーに吊して熱や蒸気を飛ばしてから、タンスにしまいます。