たたむ

衣料を形よく保ち、効率よく収納するには、たたみ方が鍵となります。コートやスーツなど、型くずれやしわが気になる衣料はハンガーに掛けますが、下着やカットソー、のびやすいニットなどはたたむのがお勧め。上手にたたんでスムーズに収納、着用できるようにしましょう。

たたむときのコツ

収納しやすくたたむ

  • 同じ種類の衣料は同じ大きさに揃えてたたみます。
  • 引き出しや収納ケースの大きさに合わせてたたむと、すっきり収納できます。
引き出しに収納する 収納ケースに収納する

引き出しや棚の幅、高さに合ったサイズにたたむ。収納ケースの中でたたむとサイズの目安がつけやすい

  • 袖が重ならないようにするなど、均等な厚みになるようにたたむと、収納する際スペースに無駄ができません。
袖をずらしてたたむ

袖をずらしてたたむと厚みが分散できる

とり出す時に判別しやすいようにたたむ

袖があれば袖を、柄や装飾があればそこを表に出し、衣料の特徴が見えるようにたたみます。

長袖をたたむ

長袖であることがわかるように表に出す

着用時にきれいに見えるようにたたむ

装飾や立体的な部分など、衣料のポイントとなるところが表になるようにたたみます。

フリルを表にする スカートの袖を表にする

衿や胸の部分、スカートの裾部など、表にする

  • 折り目が左右均等になるようにたたみます。
  • たたみじわが気になるものは、折り目にほかの衣料をはさんでたたみます。
衣料をはさむ

衣料をはさみ込んでクッションにする

手間をかけずにたたむ

  • 平らな台の上でたたむとスムーズです。
  • 衣料の特長に合わせて、たたみ方の手順やルールを決めておきます。
  • 収納スペースなどに合わせて、折り目の目安と仕上がりのサイズを決めておきます。
たたむ順序

たたむ手順や折り位置をあらかじめ決めておく