保管・収納する

日頃の収納では取り出しやすく効率よい収納方法を、長期保管の場合はカビや虫の害を予防することが大切です。いずれも、湿気が多いところや直射日光の当たるところは避けましょう。

保管・収納のバリエーションとコツ

引き出しに収納する

吊るすとのびやすいニット類はもちろん、しわが気にならないカジュアルパンツ、下着、靴下、ハンカチなど出し入れの頻度が高いものにお勧めです。

  • 衣類を寝かせずに立てて入れると、引き出しの中が一覧しやすくなります。
  • アイテム別にまとめると、大きさが揃って整理しやすくなります。
  • 柄や生地、使用頻度などで衣類のグループを分け、縦置きと横置きに組み合わせて納めると取り出しやすくなります。
引き出しに収納

グループごとに縦に入れたり横に入れたりすると取り出しやすい

  • 奥は大きめの衣料、手前は小さな衣料をまとめると取り出しやすくなります。
  • 衣類を寝かせて、重ね収納する場合は、手前に空間のゆとりをつくると、出し入れが楽になります。
衣料を寝かせて収納

重ねる場合は手前に手が入る余裕を残しておく

吊り下げて収納・保管する

型くずれやしわを避けたいスーツコート、スカート、パンツなどは、吊るして洋服ダンスやクローゼットへ。

  • 衣料に合った厚み、大きさのハンガーを選びましょう。
  • 上着の肩などがぶつかり合って摩れないよう、ハンガーの位置が上下にずれるように配置します。数着分の上着が吊るせるハンガーを使ったりするとスムーズです。
  • 長期保管の場合は通気性のよい布を衣料の上から掛けておきます。
ウェストハンバーが便利

スカートやパンツはウエストハンガーが便利。同じ衣料同士をまとめて下げる手もあり

収納ケースに保管する

長期保管のときに活用するのが保管ケース。衣料によってケースのサイズを使い分けましょう。防虫剤を入れることも忘れずに。

  • ニット類はケースの大きさに合わせてたたみ、寝かせず立てて保管します。
  • プリーツのあるものなど、つぶれやしわを避けたい衣料は、引き出しの中でいちばん上に置きます。
  • 帽子やスカーフなどは小さめの保管ケースを活用するようにしましょう。

衣料を立てて収納する時には、収納ケースを縦にして置き、そこに寝かせた衣料を重ねていくと、途中でくずれたりすることなく、スムーズに収納できます。

収納ケースを縦にする

作業しやすいうえ、ケースの空間を無駄なく活用できる

防虫剤

防虫剤の種類と特長をよく知って、素材や保管期間などに合わせて使い分けましょう。種類と使う際のポイントは次のとおりです。

防虫剤の種類

有臭タイプ

薬剤名パラジクロルベンゼンナフタリン
特徴効き目が早いので虫のつきやすいウールや綿に適している。
効き目: 約4〜6カ月
効き目が長持ちする
効き目: 約5〜6カ月
使用できる衣料毛・毛織物、絹製品、化学繊維、綿、麻、皮革製品
避けたい衣料スチロール製品(装飾ボタン、スパンコール、ビーズ類など)塩化ビニール製品(バッグ、ベルトなど)、合成皮革塩化ビニール製品(バック、ベルトなど)
注意ナフタリン、しょうのうとは併用不可。50度以上で溶けてシミになることがあるパラジクロルベンゼン、しょうのうとの併用不可

無臭タイプ

薬剤名ピレスロイド系(エンペントリンなど)
特徴衣類にニオイがつかないので、晋段着る衣類に適している。他の防虫剤と併用可。
効き目: 約6カ月用と1年用があり
使用できる衣料毛・毛織物、絹製品、化学繊維、綿、麻、皮革製品、金糸・銀糸、ラメ加工製品
避けたい衣料銅を含む金属製品(真ちゅうのボタン)
注意ニオイで判断できないため変え時期はインジケーターで判断する

使う際のポイント

  • 衣料に適した防虫剤を使いましょう。衣料が変色したり傷んだりする場合もあります。
  • 何種もの防虫剤を混ぜると、中身が溶けてシミになることがあります。同じ種類のものを使いましょう。
  • 保管する衣料のいちばん上に置きます(防虫剤は成分がガス化して下におりていくようになっています)。
  • 必ず使用量を確認して、適量を入れるようにしましょう。
  • 収納ケースはあらかじめ掃除をしておきましょう。