カットソー、Tシャツ

デザインが多彩で、装飾品やプリントがついているものなどが増えています。

型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れます。干す前に形を整えます。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
水洗いできる 水洗いできる
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗いはできない

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
袖口や衿の汚れ、ファンデーション汚れは、えりそで用の部分洗い剤を汚れに直接つけ、容器の先で軽くたたきます。脇の下の汗ジミや食べ物のシミには、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
エリそで用の部分洗い剤を汚れに直接つけ、容器の先で軽くたたきます
  • 衣料の取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、衿や袖口にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。
  • 衿や袖口などの部分汚れは、もみ洗いするとのびてしまうのでやめましょう。
  • 色落ちしそうな濃い色の衣料は、単独で洗います。
飾りがある場合は、衣料を洗濯ネットに入れます。
フリルや装飾品がついていてデザインが複雑なもの、また、のびやすいものは洗濯ネットにたたんで入れます。
ビーズやスパンコール、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑えたりと様々なタイプのものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
洗濯じわを防ぐために脱水時間は短めにしましょう。

干す

  • 干す前にしわをのばし、形を整えます。

    洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。しわを両方の手で挟んでたたいてのばし、両肩を持って軽く振りさばいて形を整えます。

表面の小じわは“手のひらアイロン”で

ギャザーなどがある部分の小じわは、平らな台の上にのせて、手のひらでなでながらのばします。

手のひらで左右になでる。

手のひらで左右になでる。

ハンガーにかけて干します。
衿をのばさないようにハンガーにかけます。衿がハンガーから滑ってのびてしまう場合は、ハンガーの肩の部分にタオルを巻いて、滑り止めにします。長袖の場合は袖がのびないように肩にかけます。
タオルをまくと、エリが滑らずのびない。

タオルをまくと、衿が滑らずのびない。

しわ取り防臭スプレーでスタイルキープ

干す時にしわ取り防臭スプレーをかけてから形を整えておくと、自然なハリのある仕上がりになり、型くずれも防げます。

アイロンをかける場合は

  • 薄手のニット地は、アイロンを前後にすべらせるとしわが寄るので、一方向にかけます。あて布の上からかければのびにくくなります。
  • アイロンは表面をなでるようにかけ、強くおさえつけないようにしましょう。
  • 刺繍が入っている場合は、つぶさないようにあて布をするか、衣料を裏返してかけましょう。
  • ポリウレタンが入っている衣料はアイロンの熱に弱いので、取り扱い絵表示を確認して中温以下でかけます。
  • ビーズやスパンコール、プリントなどの装飾がある部分は、アイロンがけを避けましょう。

収納・保管

ウール素材を長期間保管する場合は、防虫剤を忘れずに入れましょう。ただし、スパンコールやビーズ、ラメなどには使えない防虫剤があるので、表示を確認してから使用しましょう。