ポロシャツ

カジュアルウエアの定番アイテムですが、普通に洗っていると色あせや型くずれしがちです。お気に入りのポロシャツを洗うには、ちょっとしたコツを覚えてきれいに仕上げましょう。

型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れます。色合いを保つために、蛍光増白剤が入っていない洗剤を使います。形を整えて、衿を立てて干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
水洗いできる 水洗いできる
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗いはできない

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

色合いや形・肌ざわりを保つために、おしゃれ着用洗剤や風合いを守る洗剤の使用がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
袖口や衿の汚れ、ファンデーション汚れは、えりそで用の部分洗い剤を汚れに直接つけ、容器の先で軽くたたきます。脇の下の汗ジミや食べ物のシミには、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
エリそで用の部分洗い剤を汚れに直接つけ、容器の先で軽くたたきます
  • 衣料の取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、衿や袖口にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。
  • 色落ちしそうな濃い色の衣料は、単独で洗います。
  • 衿や袖口などの部分汚れは、もみ洗いするとのびてしまうのでやめましょう。
衣料を洗濯ネットに入れます。
型くずれや袖の絡まりを防ぐために、洗濯ネットの大きさに合わせてたたんで入れましょう。

デリケートな衣料は裏返しに

刺繍などの装飾があるデリケートな衣料は、裏返しにしてから洗濯ネットに入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
洗濯じわを防ぐために脱水時間は短めにしましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両肩を持って振りさばいてから、4つ折りにして、手のひらで軽くたたきます。
ハンガーにかけて干します。
ハンガーにかけて衿や前立て、胸ポケットの形を整え、衿を立てて日陰に干します。
ポロシャツの衿は型くずれしやすいので、衿をピンと立てて干すと仕上がりがキレイで、乾きも早くなります。
衿をピンと立てて干すと仕上がりがきれい。

しわ取り防臭スプレーでスタイルアップ

干す時にしわ取り防臭スプレーをかけてから形を整えると、しわも伸びやすく、自然なハリのある仕上 がりになります。特に型くずれしやすい衿にはしっかりをスプレーしておくと、衿も立てやすく形も決まります。

アイロンをかける場合は

  • ポリウレタン入りの素材は、アイロンの熱に弱いので取扱い絵表示を確認して中温以下でかけます。
  • 衿や前立て部分など、布の厚みがある部分はテカリが出る場合があるので、あて布をしましょう。

収納・保管

引き出しや保管ケースの大きさに合わせてたたみ、立てて収納すると引き出しの中が一覧しやすく、簡単に探し出せます。