ブラウス

素材や色、デザインが豊富なので、それぞれの特徴に適した洗い方が必要です。

素材や色に合った洗剤を選びます。衿や袖口の汚れ、シミは前処理します。フリルなどの形を整えて干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
水洗いできる 水洗いできる
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗いはできない

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。
  • 大切なブラウスを洗う場合は「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。
目立つ汚れがある場合は前処理します。
袖口や衿の汚れ、ファンデーション汚れは、えりそで用の部分洗い剤を汚れに直接つけ、容器の先で軽くこすります。脇の下の汗ジミや食べ物のシミには、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
エリそで用の部分洗い剤をつけて、容器の先端で軽くこする

えりそで用の部分洗い剤をつけて、容器の先端で軽くこする

  • 衣料の取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、衿や袖口にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。
  • 色落ちしそうな濃い色の衣料は、単独で洗います。
  • 衿や袖口などの部分汚れは、もみ洗いすると傷めてしまうのでやめましょう。
飾りがある場合は、衣料を洗濯ネットに入れます。
フリルや装飾品がついていてデザインが複雑なもの、また、のびやすいものは洗濯ネットにたたんで入れます。
ビーズやスパンコール、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや薄手の織物はアコーディオン洗いなどでやさしく手洗いします。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤は、洗濯じわを減らして、しなやかにする効果があるものや、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものなどがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
洗濯じわを防ぐために長時間の脱水は避けましょう。特にシルクや麻、薄手のポリエステルの素材はしわが取れにくくなります。水分がじっとり残る程度に、短めに脱水をしましょう。

デリケートなものはタオルドライを

すすぎの終わったブラウスを軽く手の中で絞った後に行います。

干す

干す前に軽くしわを伸ばします。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。取り出したら、両肩を持って振りさばきます。
肩などを持って振りさばく

肩などを持って振りさばく

しわ取り防臭スプレーをかけ、形を整えます。
ブラウスをハンガーにかけ、しわ取り防臭スプレーを全体にまんべんなく吹きかけます。しわ取り防臭スプレーを使うとアイロンなしでも、しわが伸び自然なハリに仕上がります。特に、型くずれしやすい部分(衿、前立て、縫い目など)は充分にかかるように20cm四方あたり、2〜3回スプレーします。

スプレー後は生地を斜め方向に軽く引っ張ってから、縦横や縫い目方向に引っ張り、形を整えます。

縦横や縫い目方向に引っ張る

しわ取り防臭スプレーが使えない素材がありますので、表示をよく読んでお使い下さい。

日陰に干します。
色を大切にしたいブラウスや黄色く変色しやすいウールやシルク素材は必ず日陰に干します。

部位ごとに手で形を整えましょう。

前たてには、“指先アイロン”
前立ては縫い目がきちんとのびているときれいに見えます。 “指先アイロン”でのばしましょう。
前たてには、“指先アイロン”
フリルには、“指先アイロン”と“ピッピ・テク”
フリルの縁かがりは“指先アイロン”で糸目をのばし、布地は横にピッピと軽く引っ張ってから形を整えると立体的に。
前たてには、“指先アイロン”
ギャザーには、“ピッピ・テク”
ギャザーの部分は横にピッピと軽く引っ張って形を整えます。
前たてには、“指先アイロン”
レースには、“指先アイロン”
レースの部分を指先で軽く引っ張りながら形を整えます。
前たてには、“指先アイロン”
胸のギャザーは“お助けタオル”で形を整えて
タオルをハンガーに巻いて肩から胸部分に厚みを持たせ、その上にブラウスをかけます。そうすると、ギャザー部分がへこまず、ふっくらと形がきれいに仕上がります。

アイロンがけ

取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて適切な温度を設定しましょう。
合成繊維はドライアイロンでかけます。
混紡の場合は、表示温度の低い繊維の温度に合わせます。霧吹きやしわ取り防臭スプレーをかけてドライアイロンを。
綿や麻のブラウスは霧吹きやしわ取り防臭スプレーで充分に水分を与えてから、ドライアイロンをか けます。
しわ取り防臭スプレーを使えば、しわが伸び、アイロンすべりがよいので、楽にかけられます。
ウールのブラウスは霧吹きをしながらドライアイロンをかけます。
シルクのブラウスは脱水後、濡れている状態で裏からドライアイロンを。表からかける場合はあて布をします。
濃色や薄手の素材などは、アイロンがけでテカリが出ないように、あて布をしましょう。
ポイントをおさえてアイロンがけします。
縫いしろに裏からアイロンをかけてから、全体にアイロンがけします。
ギャザー
ギャザーの谷間の部分にアイロンの先端のとんがりを入れ、ギャザーの縫いつけ部分に向かって一方向にかけます。
ギャザー
ボタンの周囲
アイロンの先端を使ってしわをのばします。
ボタンの周囲
フリルや前立て部分
片手で引っ張りながらアイロンがけします。
フリルや前立て部分
ピンタック
タックを倒す方向を揃えて、左手でピンタックの端を引っ張りながら、アイロン先端を浮かし気味に。
ピンタック
刺繍入りの衣料
裏返して、アイロンがけします。

ビーズやスパンコールがある場合は、熱に弱いのでアイロンがけはできません。

収納・保管

長期保管の前は汚れをしっかり落としましょう。

汚れが残っていて、次のシーズンになったら衿や脇の下が黄ばんでいることがないように、長期保管の前は汚れをしっかり落としましょう。酵素入り洗剤と酸素系漂白剤でつけ置き洗いをするとよいでしょう。