ワイシャツ

お洗濯の基本アイテムです。汚れの落とし方や簡単なしわとり方法など、キレイに見せるコツを知っておきましょう。

衿や袖の汚れは前処理します。干す前にしわを伸ばします。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、洗濯方法を確認します。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
水洗いできる
洗濯機弱マークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
水洗いはできない

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

色合いを保つ洗剤選びのポイント

最近のワイシャツはカラーバリエーションが豊富です。その色合いを保つためには、洗剤選びが大切。淡色や生成り色には無けい光の洗剤、真っ白のワイシャツには蛍光増白剤が入っている洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
衿や袖口は汚れがつきやすく目立つ部分なので、しっかり汚れを落とします。衿や袖口にはえりそで用の部分洗い剤を、汗ジミや食べ物のシミには液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
エリそで用の部分洗い剤をつけて、容器の先端で軽くこする

えりそで用の部分洗い剤をつけて、容器の先端で軽くこする

洗濯ネットに入れます。
袖の絡まりや衿先のすれを防ぐために、洗濯ネットに入れましょう。しわにならないように、たたんで洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネット1つにつき、入れるワイシャツは1枚にします。
洗濯ネットを使わない場合は袖のボタンを前身ごろのボタン穴にかけても絡まりを防ぐことができます。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
衣料を洗濯機に入れる際に、詰め込みすぎると傷みやしわの原因となり、汚れ落ちも悪くなります。やさしく洗うために、洗濯機に入れる衣料は洗濯物が充分回転する量におさえましょう。
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、洗濯じわを減らして、しなやかにする効果があるものや、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものなどがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
洗濯じわを防ぐために脱水時間は短めにしましょう。ワイシャツから水分が垂れない程度に残るのが適切です。

干す

干す前に軽くしわを伸ばします。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両肩を持って軽く振りさばきます。また、たたんで、軽くたたいてしわを伸ばします。
両手で挟んでたたいてしわをのばす。

両手で挟んでたたいてしわをのばす。

しわ取り防臭スプレーをかけて干します。
ワイシャツをハンガーにかけ、しわとり防臭スプレーを全体にまんべんなく吹きかけます。特に、しわになりやすい部分(肩、前立て、ポケット周辺など)は充分にかかるように縫い目20cmあたり、2〜3回スプレーします。

スプレー後は生地を斜め方向に軽く引っ張ってから、縦横や縫い目方向に引っ張り、形を整えます。衿は着用時のように立体的に形を整え、第一ボタンをとめておきます。
乾いたときに、自然なハリのある仕上がりになります。

縦横や縫い目方向に引っ張り、形を整えます

乾燥後にしわが気になる場合は

ワイシャツがしっとり濡れる程度にしわ取り防臭スプレーをかけて、斜め・縦横方向に軽く引っ張って乾かすと、アイロンなしでもしわを伸ばせて、きれいに仕上がります。

アイロンがけ

形態安定加工のない綿のワイシャツなどは、コツをつかんで簡単アイロン。

完全に乾燥してから適切な温度でかけます。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定しましょう。ポイントは次のとおりです。
混紡のワイシャツは、表示温度の低い繊維の温度に合わせます。霧吹きをしながらドライアイロンを。霧吹き代わりにしわ取り防臭スプレーを使うと、しわが伸びやすく、アイロンすべりもよくなるので、アイロンがけが楽になります。
綿100%のワイシャツは霧吹きやしわ取り防臭スプレーで充分に水分を与えてから、ドライアイロンをか けます。
アイロンのポイントがけ
目立つところをきちんとかければ、O.K! 目立つポイントは次の3点です。
片手で縫い目を引っ張りながら、矢印のように端から内に向けてかけると、衿先にしわがよりません。
衿
カフス、袖口
片手で縫い目を引っ張りながら、裏も表もかけます。
カフス、袖口
ポケット
外側から内側に向けてかけると、端にしわが寄らずにかけられます。
ポケット

衣料が濡れたままアイロンをかけると表面だけが乾燥して、芯など布が重なった部位に湿気が残り、しわになってしまいます。また、アイロンの熱で中まで乾燥させようとすると表面が傷んでしまうので、濡れた状態でかけるのはやめましょう。

形態安定加工シャツを洗った場合は

基本的にはアイロンがけはしません。逆に、アイロンじわをつけると取れなくなるので、注意が必要です。縫い目じわなどが気になる場合は、しわ取り防臭スプレーを使いましょう。しっとりと濡れる程度にスプレーし、手でピンと引っ張ってからつるしておけば、アイロンなしでもしわが伸びます。

たたむ・収納・保管

しわにならず、判別しやすい形にたたみます。
日ごろの収納はハンガーにかけるのが適していますが、収納場所が狭いときはたたんで収納するほうが効率的です。その際は、そのまま着用できるようにしわを少なく、また、長袖か半袖かが判別しやすいように、たたみ方を工夫しましょう。
たたみ方のコツ
第1・3・5ボタンを掛け、衿から折り線までの長さが左右均等になるように、身頃をたたみます。長袖の場合は、図のようにカフス部を表に出します。
カフス部を表に出します。
長期保管の前は、汚れをしっかり落とします。
汚れが残っていて、次のシーズンになったら衿や脇の下が黄ばんでいることがないように、長期保管の前は汚れをしっかり落としましょう。酵素入り洗剤と酸素系漂白剤でつけ置き洗いをするとよいでしょう。