セーター

基本はウールのプレーンなセーターの洗い方です。そのほかの素材や、装飾がついている場合などの洗い方のポイントも知っておくと便利です。

汚れた部分は前処理をしてから洗います。毛製品は擦ったり、もんだりしない。形を整えて干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
色あせを防ぎ、型くずれを防ぐ中性のおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

毛と中性洗剤

ウールやカシミヤなど、毛の繊維は、アルカリ性に弱いたんぱく質でできています。だから、お洗濯には「中性」のおしゃれ着用洗剤が向いているのです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
衿や袖口の汚れやファンデーションなどの汚れは、おしゃれ着用洗剤の原液をつけて洗濯ブラシの背などでたたきます。食べ物のシミには、液体酸素系漂白剤やしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
おしゃれ着用洗剤をつけてたたく。

おしゃれ着用洗剤をつけてたたく。

毛の素材の部分洗いは“たたく”のが基本。擦ったりもんだりするのは、毛羽立ちや縮みの原因になるので厳禁です。

衣料を洗濯ネットに入れます。
型くずれしやすいカシミヤ素材や、毛羽が抜けやすいモヘヤ素材、装飾品がついているなど、デリケートなセーターは洗濯ネットに入れて洗いましょう。
汚れた部分が外側になるようにして、洗濯ネットの大きさに合わせて二つ折り程度にたたんで入れます。
ビーズやスパンコール、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく洗います。
手洗いマーク
洗濯機または手で洗います。
洗濯機で洗う場合
適切な枚数を入れます。
取り扱い絵表示にしたがって、洗濯コースを選びましょう。洗濯液の温度は30度以下にします。一度にたくさんのセーターを入れるのは傷みの原因です。洗濯機の取扱説明書に従いましょう。
洗濯液にしっかり沈めましょう。
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくしたり、静電気を防ぐほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
脱水のしすぎは型くずれや傷みの原因になるので、短めに行います。
手で洗う場合
たたんでおきます。
洗濯桶や洗面ボウルの大きさに合わせて、汚れが表になるように、4つ折りにたたみます。

型くずれしやすいカシミヤ素材や毛羽が抜けやすいモヘヤ素材などは、手洗いでも洗濯から脱水まで洗濯ネットに入れて行うと、扱いやすくなります。

やさしく押し洗いします。
洗濯桶や洗面ボウルに30度以下の水を入れ、洗剤を溶かして、その中に沈め、全体を40回程度やさしく“押し洗い”をします。

両方の手のひらで、やさしく“押し洗い”する

両方の手のひらで、やさしく“押し洗い”する

部分汚れを落とします。
袖口や裾の汚れを“つかみ洗い”するか、ブラシの背を使って“たたき洗い”をします。
袖口や裾の汚れはつかみ洗いする。

袖口や裾の汚れはつかみ洗いする。

すすぎの前に中間脱水します。
セーターを洗濯桶の中で手前から丸めて軽く押し絞り、洗剤分を取っておきます。

手前からくるくる丸めて軽く押す。

手前からくるくる丸めて軽く押す。

すすぎます。
きれいな水に取り替えて、洗うときと同じようにセーターを40回程度やさしく押して洗剤分を取ります。これを2度行います。
柔軟仕上げをし、短時間で脱水します。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
脱水後はすぐに取り出します。4つ折りにたたんで軽くたたいてしわをのばし、全体の形を整えます。

“ポンポンアイロン”でもっとキレイに

セーターを平らな台の上に置き、手のひらでたたく“ポンポンアイロン”で編み目を整えれば、さらにキレイな仕上がりに。

手のひらでポンポンたたく。

手のひらでポンポンたたく。

セーターの型を写しておくと便利です

洗濯前にセーターの型を紙に写しておきます。洗濯後、型に合わせてセーターの形を整えれば、型くずれを防ぐことができます。

紙に全体の形を写しとっておく

紙に全体の形を写しとっておく

平干しで日陰に干します。
日光による色あせや変色を防ぐために日陰に、型くずれを防ぐために平らに干します。
平干しで日陰に干します。
平干しできない場合の干し方
袖を垂らさないように、身ごろと一緒に竿にかけて干しましょう。直射日光を避けるためにタオルで覆い(覆いがけ)、タオルの端を洗濯ばさみでとめます。
衣料がのびないようにし、“覆いがけ”で直射日光を避ける。

衣料がのびないようにし、“覆いがけ”で直射日光を避ける。

アイロンがけ

取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定しましょう。

  • 厚手のセーターは、表面から1cm程浮かしてスチームアイロンをかけて、編み目を整えます。
  • 薄手のセーターは、強く押しつけずに表面をなでるようにスチームアイロンをかけます。あて布をすると、しわが寄らずにアイロンがかけられます。

ビーズやスパンコールなどの装飾部分は、熱に弱いためアイロンがけは避けます。

収納・保管

日ごろの収納

日ごろの収納は、重ねずに縦に立てて収納するとスペースに無駄がなく、しわもつきにくくなります。

長期の保管

  • 次のシーズンに取り出したときに変色や虫食いなどが生じていないように、洗濯してきちんと汚れを落としましょう。
  • 毛の素材は虫がつきやすいので、必ず防虫剤を入れます。揮発した防虫剤の成分は下に沈む性質があるので、衣料の上に置きましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーで、ニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
着用後にしわ取り消臭スプレーをセーター全体に、しっとりする程度にスプレーしましょう。全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。
冬は静電気防止剤を活用しましょう。
おでかけ前に静電気防止剤をスプレーすると静電気によるイヤなパチパチを防ぐことができます。