トレーナー

トレーナーは厚手なばかりでなくフードがついているなど、乾きにくいアイテムです。早く乾燥する工夫をしつつ、プリントなどの装飾を傷めないように心掛けましょう。

プリントなどの装飾がある場合は、裏返して手洗います。乾きやすいように空間をつくって干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切なトレーナーを洗う場合は、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤や、風合いを守る洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
袖口や衿の汚れにはえりそで用の部分洗い剤やおしゃれ着用洗剤を、食べ物のシミには液体酸素系漂白剤やしみ用の部分洗い剤をつけておきましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理します
飾りがある場合は、衣料を裏返したり、洗濯ネットに入れます。
胸などにプリントやワッペンなどの装飾がある場合は、摩擦がおこると傷みやすいので、裏返しておきます。
毛羽がつきやすい素材や、のびやすい素材、紐や引っかかりやすい装飾があるものは、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

濃い色のトレーナーは、色落ちや色移りの心配があるので、単独で洗いましょう。

おせんたく

表示に従って適切なコースを選びます。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
洗濯機マーク
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースで洗います。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
洗いとすすぎが終わったら、しっかり脱水します。
早く乾かすように、しっかり脱水しましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
脱水後はすぐに取り出します。4つ折りにたたんで軽くたたいてしわをのばし、全体の形を整えます。
衣料に風が通るように工夫して干します。
早く乾かすために、衣料の中に風が通るように干しましょう。身ごろを2本の竿に渡し、風の通るすき間をつくります。袖は竿にかけます。
厚みのあるハンガーにかけて、空気が入る空間を作ります。
フードつきのトレーナーの場合は、洗濯ネットなどを入れてフードを広げて空間をつくります。フードは垂れ下がらないように、竿などにとめておきましょう。
衿や袖がのびやすいので、ハンガーにタオルを巻いて滑り止めにします。

ハンガーで干す場合は

厚みのあるハンガーにかけて、空気が入る空間を作ります。衿や袖がのびやすいので、ハンガーにタオルを巻いて滑り止めにします。袖は肩の部分にかけて、のびを防ぎます。

袖は肩の部分にかけて、のびを防ぎます。

アイロンがけ

あて布をしてアイロンをかけます。
トレーナーのようなニット製品は、アイロンを動かすとのびてしわが寄りやすいため、あて布をして上から軽く押さえるようにアイロンがけしましょう。

プリント部分は熱に弱いので、アイロンは避けましょう。

たたむ・収納

引き出しや保管ケースの大きさに合わせてたたみ、収納します。
  • トレーナーのようにのびやすいニット製品は、ハンガーにかけずにたたんで収納します。
  • 重ねずに縦に立てて収納するとスペースの無駄がなく、重ねて収納するよりも、しわがつかずに収納できます。
立てて収納する場合のたたみ方
均等な厚みと大きさにたたむのがポイントです。
  • 両袖が重ならないように交互に身頃に置きます。
  • 収納部分のスペースを考え、裾を2〜3つ折りにして衿まで重ねます。
  • 幅が1/3になるように、身ごろを左右から折たたみます。
収納する際は、サイズを合わせて同様にたたんだ、ほかのトレーナーと合わせて、立てて収納します。

おせんたくしないときのお手入れ法

着用のたびに洗濯しない場合は、ニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。着用後にしわ取り消臭スプレーをトレーナー全体に、しっとりする程度にスプレーしましょう。全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。