スカート

ウールやシフォン、レース、ストレッチなど、さまざまな素材があり、タイトやギャザーなどデザインも多彩です。

型くずれを防ぐために洗濯ネットに入れて洗います。乾きやすいように筒状に干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
目立つ汚れやシミがある部分をチェックして、前処理をしておきましょう。
汚れに適した部分洗い剤や液体酸素系漂白剤をつけて、容器で軽くたたきます。
  • 絵表示に「中性」の文字がある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけます。
  • 色落ちしそうな濃い色の場合は、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます。
型くずれを防ぐために、ファスナーやホック、ボタンなどをとじて洗濯ネットに入れます。
ビーズやスパンコール、刺繍、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。シフォンなどの薄地の場合は「アコーディオン洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤は、衣料を柔らかくするほか、静電気防止効果もあるので、裾や裏地のまとわりつきがなくなります。洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のある柔軟剤もあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
しわや型くずれを防ぐために、脱水時間は短めにしましょう。

薄い生地はタオルドライで

シフォンのような薄い生地のスカートにおすすめです。すすぎの終わったスカートを軽く手の中で絞った後行ないます。

タオルドライ

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手でウエスト部分を持って振りさばいてから、全体を3〜4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわをとります。
ウェスト部分を持ってふりさばく

ウェスト部分を持ってふりさばく

軽くたたいてしわを取る。

軽くたたいてしわを取る。

スカートをもっとキレイに仕上げるために

ギャザースカートは“ピッピ・テク”
縦方向に軽くピッピと引っ張ってから振りさばけば、ふっくら自然なギャザーに。
ギャザースカートは“ピッピテク”
レースのあるスカートは“指先アイロン”
縮んだり形がずれたレースの編み目を“指先アイロン”で整えながら、しわをのばします。
縮んだレースの編み目を指先で整えながらのばす。

縮んだレースの編み目を指先で整えながらのばす。

タイトスカートは“サンドアイロン”
ウール素材などのタイトスカートは、両側から手で挟む“サンドアイロン”で、上から下へ軽く滑らせるようにしてしわをのばして表面を整えます。
スカートの両側から手で挟んで、上から下へ軽く滑らせる。

スカートの両側から手で挟んで、上から下へ軽く滑らせる。

筒状に干します。
スカートの形を保ち、早く乾かすために、角ハンガーや小物干しを使って筒状に吊るし、日陰に干します。
立体的になるように干す。

立体的になるように干す。

アイロンがけ

適切な温度を設定します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定しましょう。
以下のポイントをおさえてアイロンをかけます。
  • テカリを防ぐために、あて布をしましょう。
  • 裏側→表側の順にアイロンがけします。
  • 筒状のスカートは、「馬」などの道具を使うとかけやすくなります。
  • プリーツがある場合は、ひだを整えてあて布をした上から軽くおさえます。
  • 濃色の綿やウールの衣料はテカリを防ぐために必ずあて布をし、軽くおさえるようにしてかけます。脇縫い部分など布が重なっている部分も、おしつけすぎないようにします。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
着用後にしわ取り消臭スプレーをスカート全体に、しっとりする程度にスプレーしましょう。全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。
冬は静電気防止剤を活用しましょう。
おでかけ前にスプレーすれば、すそや裏地がまつわりつくのを防ぐことができます。