パンツ

ウールや綿、ポリエステル混紡、ストレッチなど、さまざまな素材があります。素材に合わせたお手入れをしましょう。

型くずれを防ぐために洗濯ネットに入れて洗います。筒状に干すと、スタイルを保つことができます。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
目立つ汚れやシミがある部分をチェックして、前処理をしておきましょう。
汚れに適した部分洗い剤や液体酸素系漂白剤をつけて、容器先端のブラシなどで軽くたたきます。
目立つ汚れは洗剤をつけ、容器の先端でたたくなどして前処理する。

目立つ汚れは洗剤をつけ、容器の先端でたたくなどして前処理する。

  • 絵表示に「中性」の文字がある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけます。
  • 汚れの部分をもんだりこすったりすると生地を傷めるので、たたいて汚れを落とします。
  • 色落ちしそうな濃い色の場合は、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます。
パンツの裾の絡まりや型くずれを防ぐために、3〜4つ折りにして洗濯ネットに入れて洗いましょう。ファスナーやホック、ボタンなどはあらかじめ閉じておきます。
刺繍やリボンなどの装飾がある場合や、摩擦による色あせを防ぎたいときなどは、裏返しにしてから洗濯ネットに入れましょう。
たたんでから洗濯ネットに入れる。

たたんでから洗濯ネットに入れる。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。

柔軟剤は布をなめらかにして、はきやすくするほか、静電気も防いで、裾のまとわりつきを抑えます。

短時間で脱水します。
ポリエステルやストレッチ素材はしわになると取れにくいので、脱水時間を短めにしましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手でウエスト部分を持って振りさばいてから、全体を3〜4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわをとります。
軽くたたいてしわをとる。。

軽くたたいてしわをとる。

スタイルアップのための手のひらテクニック

“パシッパシアイロン”
綿や合成繊維のパンツは、裾を手のひらでパシッパシと払って、しわをのばします。
手のひらでパシッパシと払って、しわをのばす。

手のひらでパシッパシと払って、しわをのばす。

“サンドアイロン”
ウールのパンツは、裾部分をパンツの両側から手で挟んで、上から下へ軽く滑らせるようにしてしわをのばします。
裾部分を両側から手で挟んで、上から下へ軽く滑らせる。

両側から手で挟んで、上から下へ軽く滑らせる。

筒状に干します。
パンツの形を保ち、早く乾かすために、角ハンガーや小物干しを使って筒状に吊るし、日陰に干します。
立体的になるように干す。

立体的になるように干す。

縫い目を引っ張り、形を整えます。
縫い目に添って引っ張る。

縫い目に沿って引っ張る。

アイロンがけ

適切な温度を設定します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定しましょう。
ポイントをおさえてアイロンをかけます。
手順を覚えて、上手にアイロンがけしましょう。基本のコットンパンツの場合は、以下の手順で行います。ウール素材の身頃はスチームアイロンを使って同様の手順で行います。縫い目やラインは霧吹きをかけて、ドライアイロンでかけるとぱりっとかけられます。

裏返して、脇の縫い代にアイロンをかけます。

裏返して、脇の縫い代にアイロンをかけます。
腰まわりをかけます。ポケットの下側もきちんとかけましょう。
腰まわりをかけます。ポケットの下側もきちんとかけましょう。
ポケットのしわをのばします。
ポケットのしわをのばします。
裏返したままアイロンを中に入れて、後ろの腰まわりをかけます。脇のポケット口や前タックもかけます。
パンツを表に返して、後ろの腰まわりをかけます。脇のポケット口や前タックもかけます。
表に返して、脚の部分をかけます。脇の縫い目同士を合わせ、パンツの折り目を決めます。
前にして、脚の部分をかけます。脇の縫い目同士を合わせ、パンツの折り目を決めます。
片足ずつ、足のセンターラインをかけます。
  • テカリを防ぐために、あて布をしましょう
  • 濃色の綿やウールの衣料はテカリを防ぐために必ずあて布をし、軽くおさえるようにしてかけます。脇縫い部分など布が重なっている部分も、おしつけすぎないようにします。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
着用後にしわ取り消臭スプレーをパンツ全体に、しっとりする程度にスプレーしましょう。全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。
冬は静電気防止剤を活用しましょう。
おでかけ前にスプレーすれば、裾や裏地がまつわりつくのを防ぐことができます。