ジーンズ

ビンテージ風や刺繍、スパンコールの装飾がついていたり、ストレッチ素材のスキニータイプなど、お洗濯に気をつけたいデリケートなジーンズが増えています。

色落ちしやすいので単独で洗います。はきやすいように柔軟剤を使います。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切なジーンズを洗う場合は、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤や、風合いを守る洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
目立つ汚れやシミがある部分をチェックして、前処理をしておきましょう。汚れに適した部分洗い剤をつけて行います。
  • 衣料の表示が「中性」の場合はおしゃれ着用洗剤の原液をつけます。
  • 金属製の装飾があるジーンズには漂白剤は使えません。
  • 濃色のものは色が落ちやすいので、単独で洗います。
  • 強く擦りすぎると、その部分が色落ちし、ムラになることがあるので加減しましょう。
裏返しするか、洗濯ネットに入れます。
ファスナーやホック、ボタンなどはあらかじめ閉じておきます。
刺繍やリボンなどの装飾がある場合は、裏返しにしましょう。表面にこすれやほつれ加工などのダメージ加工が施されたものやスキニータイプのものは、3〜4つ折りにして洗濯ネットに入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
洗濯機マーク
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗や食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します。
長く脱水すると、装飾品やダメージ加工のものは傷みやすく、ストレッチ素材を使ったスキニータイプのものはしわになりやすいので、脱水は短めにしましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手でウエスト部分を持って振りさばいてから、全体を3〜4つ折りにたたんで、手のひらで軽くたたいてしわをとります。
たたんでたたいてしわをのばし、形を整える。

たたんでたたいてしわをのばし、形を整える。

ストレッチ素材などポリウレタンを使った素材は、熱で変形する恐れがあるので、回転式衣類乾燥機のご使用はおすすめできません。

筒状に干します。
ジーンズの形を保ち、早く乾かすために小物干しなどに筒状に吊し、日陰に干します。裏側にポケットがある場合は早く乾燥するように裏返しにして干し、しっかり乾燥させます。

収納・保管

たくさんあるジーンズを収納する場合は、引き出しや保管ケースの大きさに合わせてたたみ、立てて収納すると引き出しの中が一覧しやすく、簡単に探し出せます。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
着用後にしわ取り消臭スプレーをジーンズ全体に、しっとりする程度にスプレーしましょう。全体を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えます。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。