ジャケット

さまざまな素材、デザインのものがありますが、綿や合成繊維などの素材でプレーンなデザインのジャケットには、家庭でお洗濯ができるものもあります。

型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れましょう。干す前にきちんと形を整えましょう。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
ジャケットは袖口や衿、ポケット口などが汚れやすい部分です。汚れを確認してえりそで用の部分洗い剤をつけ、容器の先で軽くたたきます。食べ物のシミがある場合はしみ用の部分洗い剤か液体酸素系漂白剤をつけます。
目立つ汚れに部分洗い剤をつけ、容器の先のブラシでたたくなどして前処理する。

目立つ汚れに部分洗い剤をつけ、容器の先のブラシでたたくなどして前処理する。

  • 衣料の取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、衿や袖にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。
  • 汚れをもんだり強くこすったりすると布を傷めるので、たたいて落としましょう。
  • 色落ちしそうなデニムジャケットや濃い色のジャケットは、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます。
型くずれを防ぐため、洗濯ネットに入れてお洗濯しましょう。洗濯ネットは大きめのサイズを用意し、あらかじめボタンやファスナーをとじて、横に2つ折りにして入れます。

刺繍やレース、スパンコールなどの装飾がついている場合は、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

袖は裏返さず、身ごろに包み込む。

袖は裏返さず、身ごろに包み込む。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→洗濯機の弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟剤仕上げをします
柔軟仕上げを行うと、布のすべりがよくなり、ジャケットが着やすくなります。また、合成繊維のジャケットの静電気を防ぎます。そのほか、洗濯じわを防いだり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイの付着を抑える効果がある柔軟剤などもあるので、目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、ジャケットを表に返します。両手で挟んでたたいてしわをのばし、両肩を持って軽く振りさばき、形を整えます。

“ピッピ・テク”で縫い目を整えましょう

衿や切りかえ部分などの縮んだ縫い目は、指先でピッピと引っ張ってのばしましょう。よりキレイに仕上がります。

縫い目に添って指先で軽くのばす。

縫い目に沿って指先で軽くのばす。

ハンガーにかけて日陰に干します。
ジャケットの肩幅に合ったサイズで厚みのあるハンガーにかけて、日陰に干します。
細いハンガーを使う場合は、タオルを巻きつけて厚みを持たせましょう。衿は立てずに着用時と同様にして干します。
細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いてハンガーに厚みをつける。

細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いてハンガーに厚みをつける。

もっとしっかり形を整えたい場合は

身ごろ
ビニール袋を膨らませ、口をゴムでとじて作る“お助けビニール袋”を詰め、立体的な形にします。
ビニール袋を膨らませ、口をゴムでとじて作る「お助けビニール袋」を詰め、立体的な形にする。

身ごろの中に“お助けビニール袋”を入れて立体的な形にして干す。

長袖の袖口には、タオルを1枚ずつくるくると巻いた“お助けタオル”を入れて、重みをつけ、袖をピンと仕上げます。
袖口に“お助けタオル”を入れておもりにする。

袖口に“お助けタオル”を入れておもりにする。

アイロンがけ

適切な温度と方法を確認します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定してかけましょう。
綿は霧吹きで水分を加えてからアイロンがけします。
合成繊維はドライアイロンでかけます。

テカリを防ぐために、あて布を用意しましょう

濃色の綿やウールの衣料はテカリを防ぐために必ずあて布をし、軽くおさえるようにしてかけます。前身ごろや衿には、芯地やポケットがついているため布が重なっている部分があります。アイロンを強く押しつけるとテカリが出てしまうので、気をつけましょう。

  • ポイントをおさえてアイロンがけします。
    • 後ろ身ごろは、裏側から縫い目に沿ってかければあて布がいりません。表からかけるときは、あて布をしましょう。
    • 前身ごろや衿にはあて布をして、アイロンを浮かし気味に、強く押しつけず表面をなでるようにかけます。こうすると、テカリにくくなります。
    • 肩は足つきアイロン台の角を利用するか、バスタオルを丸めたものを詰めてかけると、きれいに仕上がります。タオルは袖のアイロンがけにも使えます。
    • 片方の手で布や縫い目を軽く引っ張りながらかけると、しわがのびやすくなります。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
着用後にしわ取り消臭スプレーをしっとりする程度にスプレーし、しわの部分を斜めに軽く引っ張りながらしわをのばします。乾燥後に収納します。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。