ワンピース

ポリエステルなどの、化学繊維のワンピースはコツをつかめば家庭で上手に洗えます。

しわをつけないように注意します。やさしく洗います。

おせんたくの手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理をします。
衿や袖口の汚れ、食べ物のシミを前処理します。衿や袖口にはえりそで用の部分洗い剤を、脇の下などの汗ジミや食べ物のシミには液体酸素系漂白剤をつけておきましょう。

取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、衿や袖にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。

洗濯ネットに入れます
絡まりや傷みを防ぐために、洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れましょう。ファスナーやボタンは事前にとじておきます。
ビーズやスパンコール、コサージュなど、デリケートな装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→洗濯機の弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」または「振り洗い」します。
手洗いマーク

薄手のワンピースは振り洗いで

刺繍やビーズなど、デリケートな装飾がある場合は裏返してから洗います。ワンピースを両手で持ち、振って洗います。ある程度洗ったら持つ部分をかえて、同様に洗っていきます。全部で40回程度振るのが目安です。大きくかさばる衣料の場合は、桶のかわりに洗濯槽を利用すると便利です。

大きな衣料の振り洗いは洗濯槽を利用すると便利

大きな衣料の振り洗いは洗濯槽を利用すると便利

柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほかに、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものもあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で「脱水」します
洗濯じわや型くずれを防ぐために、長時間の脱水は避けましょう。特に薄手の化学繊維のワンピースはしわが取れにくくなるため、水分が垂れない程度に短めに脱水をします。

デリケートな衣料にはタオルドライを

デリケートな衣料をやさしく脱水する方法です。すすぎの終わったワンピースを軽く手の中で絞った後に行ないます。

タオルドライ

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。取り出したら、両肩を持って振りさばき、形を整えます。
ハンガーにかけて、日陰に干します。
型くずれを防ぐために、厚みのあるハンガーにかけて干します。形を整え、日陰に干しましょう。

アイロンがけ

適切な温度と方法を確認します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定してかけましょう。
ポリエステルはドライアイロンでかけます。

おせんたくしないときのお手入れ法

すぐにお洗濯をしない場合は、先に汗ジミの処理を行なっておきましょう。帰宅後、汗が乾かないうちに行うのがポイントです。方法は、水で濡らして絞ったタオル2枚を用意し、汗の部分を挟むように生地の表裏両側からおさえて、タオルに汗を移し取ります。