コート(ショートコート)

綿やポリエステル混紡などの素材の場合は、家庭で洗えるものもあります。

型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れましょう。干す前にきちんと形を整えましょう。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
袖口や衿、ポケット口などの汚れやすい部分には、えりそで用の部分洗い剤か、おしゃれ着用洗剤の原液をつけておきます。汗や食べ物のシミがある場合は、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
シミ用の部分洗い剤か液体酸素系漂白剤をつけます。
  • 汚れをもんだり強くこすったりすると布を傷めるので、洗濯ブラシの背などでたたいて落とします。
  • 色移りを防ぐために、濃色のショートコートは単独で洗います。
目立つ汚れは洗剤をつけ、洗濯ブラシの背などでたたく。

目立つ汚れは洗剤をつけ、洗濯ブラシの背などでたたく。

洗濯ネットに入れます
型くずれを防ぐため、洗濯ネットに入れてお洗濯しましょう。洗濯ネットは大きめのものを用意します。あらかじめボタンやファスナーをとじて、汚れている部分が外側にくるように横2つまたは3つにたたんで入れます。
ベルトがついている場合は、取りはずしてから一緒にネットに入れます。ベルトに金具があるタイプは布地などを傷めることがあるので、ベルトだけ手洗いするようにしましょう。
汚れている部分が外側になるようにたたんで入れる。

汚れている部分が外側になるようにたたんで入れる。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→洗濯機の弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟仕上げをすると布同士の滑りがよくなるので、着やすくなり、静電気を防ぐ効果もあります。ほかに洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のある柔軟剤もあります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手で挟んで、たたいてしわをのばし、両肩を持って軽く振りさばき、形を整えます。

“ピッピ・テク”で縫い目を整えましょう

衿や切りかえ部分などの縮んだ縫い目は、指先でピッピッと引っ張ってのばしましょう。よりキレイに仕上がります。

縫い目に添って指先で軽くのばす。

縫い目に沿って指先で軽くのばす。

ハンガーにかけて、日陰に干します。
ショートコートの肩幅に合った、厚みのあるハンガーにかけて、日陰に干します。細いハンガーを使う場合は、タオルを巻きつけて厚みを持たせましょう。衿は立てずに着用時と同様の形状にして干します。
細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いてハンガーに厚みをつける。

細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いてハンガーに厚みをつける。

もっとしっかり形を整えたい場合は

身ごろ
ビニール袋を膨らませ、口をゴムでとじて作る“お助けビニール袋”を詰め、立体的な形にします。 身ごろの中に“お助けビニール袋”を入れて、立体的な形にして干す。

身ごろの中に“お助けビニール袋”を入れて、立体的な形にして干す。

長袖の袖口には、タオルを1枚ずつくるくる巻いた“お助けタオル”を入れて重みをつけ、袖をピンと仕上げます。 袖口に“お助けタオル”を入れておもりにする。

袖口に“お助けタオル”を入れておもりにする。

アイロンがけ

適切な温度と方法を確認します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定してかけましょう。
綿は霧吹きで水分を加えてからアイロンがけします。
ポリエステルやポリウレタン混紡の場合は、低い方の温度に合わせます。

テカリを防ぐために、あて布をしましょう

濃色の綿やウールの衣料はテカリを防ぐために必ずあて布をし、軽くおさえるようにしてかけます。前身ごろや衿には、芯地やポケットがついているため布が重なっている部分があります。アイロンを強く押しつけるとテカリが出てしまうので、気をつけましょう。

適切な手順でアイロンがけします。
最初に裏から縫い目に沿ってかけ、次に、身ごろ全体をかけます。
身ごろでしわが気になる部分と衿にあて布をして、表からアイロンをかけます。裏地がついているものは、縫い目も表からかけましょう。
肩は足つきアイロン台の角を利用するか、バスタオルの馬(バスタオルを丸めたもの)を中に詰めてかけると、キレイに仕上がります。バスタオルの馬は袖のアイロンがけにも使えます。

もっとキレイにかけるために

片方の手で布や縫い目を軽く引っ張りながらかけると、しわがのびやすくなります。

たたむ・収納・保管

ハンガーにかけて収納しましょう。

洋服ダンスなどに吊るして収納します。長期保管の場合はしっかり洗濯し、充分乾燥させた後に収納します。

保管中にクリーニングのビニール袋をかけておくのはカビの原因になるので禁物です。汚れよけのために、通気性の良い布地をかけましょう。

やむを得ずたたむ場合

型くずれやしわを少なくするように工夫してたたみましょう。手順は以下の通りです。

  • ボタンをはずして前身ごろを重ね、ショートコートを平らにします。
  • 衿を立て、後ろの飛び出した部分は前身ごろ側に倒します。
  • 袖を自然に下に垂らし、しわの寄り方が少ない位置に置きます。
  • 身ごろを横二つ折りまたは三つ折りにし、箱などに保管します。
折り目を少なくしてたたむのがコツ。

折り目を少なくしてたたむのがコツ。

おせんたくしないときのお手入れ法

洋服ブラシでブラッシングしてホコリを払います。
しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
しわ取り消臭スプレーをしっとりする程度にスプレーし、しわの部分を縦・横・斜めに軽く引っ張りながらしわをのばします。乾燥後に収納します。乾燥すればニオイもしわも取れて、気持ちよく着用できます。