レインコート

ナイロン素材などの薄手のレインコートは、1枚持っていると重宝します。裏地のないものは、手軽に家庭でお洗濯してみましょう。はっ水効果をアップさせることも忘れずに。

脱水じわをつけないように、短めに脱水します。はっ水剤をスプレーして、はっ水効果をアップさせます。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
気になる部分汚れには、えりそで用の部分洗い剤か中性洗剤の原液をつけましょう。シミの部分には、液体酸素系漂白剤かしみ用部分洗い剤をつけます。
洗濯ネットに入れます
絡まりや傷みを防ぐために、洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れましょう。大きめの洗濯ネットを用意し、2〜3つにたたんで入れます。しわを防ぐために、小さくたたまないようにしましょう。ファスナーやボタンは事前にとじておきます。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク

通水性のないビニールやゴム引き製品、透湿防水性素材などは脱水機の水抜けが悪く、洗濯機の故障につながる恐れがあるので、脱水機を使うおせんたくは避け、手洗いすることをおすすめします。

通水性のないレインコートを手洗いするときのポイント

洗剤液の中で振り洗いやアコーディオン洗いをします。
洗うときと同様に行い、充分にすすぎます。
脱水機は使用せず、そのまま干すか、バスタオルなどにはさんで水気を取ってから干します。
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくしたり、静電気を防ぐほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。
短時間で脱水します
脱水のしすぎはしわの元です。特に、薄手のナイロンなど合成繊維のレインコートはしわがつきやすいので、水がたれ落ちる程度に短時間で行います。

干す

  • 干す前にしわをのばし、形を整えます。
  • 陰干しします。
    ナイロンやポリウレタン素材は紫外線で傷むので、日陰に干します。

おせんたくしないときのお手入れ法

日ごろのお手入れ

日ごろのお手入れは、次の3点がポイントです。

濡れたときは早めに乾燥させます。
着用後はすぐにタオルなどで拭いて、ハンガーにかけて干しましょう。濡れたままでいつまでも放置しておくと、ニオイの原因になります。
汗などの汚れを拭き取ります。
衿や袖口などの汗汚れやドロはね汚れなどは、ぬるま湯や薄めた洗剤液をつけ固く絞ったタオルで拭きとります。洗剤液を使った後は、水拭きします。
はっ水剤をスプレーします。
はっ水効果が落ちてきたら、完全に乾いた状態のときに表面がしっとり濡れる程度にスプレーして、風通しのよいところで約30分間乾かします。肩や裾など濡れやすい部分は、忘れずにスプレーしましょう。

はっ水剤を正しく使いましょう。

はっ水剤を使用する際は製品の表示を確認して正しく使いましょう。あらかじめ目立たないところでシミや変色の確認をしてからご使用下さい。また、安全に、効果的にはっ水剤を使うために、以下のことに注意しましょう。

  • 対象物から約20cm離して、しっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしてください。
  • 吸い込むと危険なので、必ず風通しのよい屋外で、風向きに注意して使用してください。
  • スプレー後は、必ず風通しのよい屋外で完全に乾燥させてください。
  • 一度に大量に使用しないでください。