スキーウェア

シーズンが終わったら、汚れをきちんと落として保管します。使用する前には着用時に濡れないように、はっ水剤ではっ水性を補充しておきましょう。

洗濯後はしっかり乾燥させます。着用前にはっ水剤をスプレーしてはっ水効果を保ちます。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理をします。
部分汚れには、えりそで用の部分洗い剤をつけて軽くこすりましょう。シミには、液体酸素系漂白剤やしみ用部分洗い剤をつけておきます。外側の汚れだけでなく、内側の衿や袖口部分も忘れずにチェックしましょう。

金属製のバックルやファスナー装飾などがある場合は、シミ用の部分洗い剤や漂白剤は使えません。

洗濯ネットに入れます
洗濯じわや型くずれ、絡まりを防ぐために、洗濯ネットを利用しましょう。あらかじめファスナーやボタンはとじて、大型の洗濯ネットに2つ〜3つ折りにたたんで入れます。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースなどで洗います。
手洗いマーク

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。振りさばいて形を整えます。
しっかり乾燥させます
ジャケットは厚みのあるハンガーにかけて、パンツは着用時と同様の形になるように筒状に吊るして干します。
内側が乾きにくい場合は裏返して、ファスナーなどは開けて干しましょう。

保管

しっかり乾燥させてから、密閉性の高い収納ケースに保管します。

クリーニングに出した場合は、ビニール袋をはずしてハンガーにかけ、2〜3日の間吊るして溶剤や湿気を取り除きます。特に、厚みがある衣料は溶剤や湿気が残りやすいので、充分に乾燥させましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

日ごろのお手入れ

日ごろのお手入れは、次の3点がポイントです。

着用する前に、はっ水剤をスプレーしましょう。
雪でスキーウェアが濡れてしまうと保温性が低下し、体も冷えてしまいます。着用する前にはっ水剤をスプレーして、雪で濡れないようにしましょう。
表面がしっとり濡れる程度にはっ水剤をスプレーして、風通しのよいところで約30分乾かします。
ジャケットの肩部分、パンツのおしり・裾・ももの前部分、帽子など、濡れやすい部分は忘れずにスプレーしましょう。

はっ水剤を正しく使いましょう。

はっ水剤を使用する際は製品の表示を確認して正しく使いましょう。あらかじめ目立たないところでシミや変色の確認をしてからご使用下さい。また、安全に、効果的にはっ水剤を使うために、以下のことに注意しましょう。

  • 対象物から約20cm離して、しっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしてください。
  • 吸い込むと危険なので、必ず風通しのよい屋外で、風向きに注意して使用してください。
  • スプレー後は、必ず風通しのよい屋外で完全に乾燥させてください。
  • 一度に大量に使用しないでください。
食べ物のシミなどがついたらつまみ取っておきましょう。
ストーブにあてて乾燥するのは厳禁です。
合成繊維を使用しているものは熱で表面が傷んでしまうことがあります。また、燃焼によるガスで変色する場合があるので、ストーブにあてるのはやめましょう。