天然皮革

ほとんどの製品は水洗いができないので、日ごろのこまめなお手入れが大切です。スエード調の天然皮革衣料には、水洗いができるものもあります。

カビや湿気に注意しましょう。こまめなから拭きやブラッシングが大切です。

洗えない皮革衣料のお手入れ

日ごろの手入れ

皮革製品は、熱や湿気に弱くカビが生えやすいので、こまめな手入れが大切です。以下の手順で行いましょう。

着用後はすぐに収納せず、部屋に吊るして湿気を取り除きます。
から拭きや、ブラッシングをして、ホコリを取ります。
光沢がある銀つき革の場合
こまめにから拭きします。銀つき面は専用クリームで油分を補います。
起毛がある「スエード」などの場合
着るたびにこまめに専用ブラシなどでブラッシングします。
クリームは使えません。
  • 雨などで濡れたときは、水滴を払い落とした後、タオルでたたくようにして水分を吸いとり、風通しのよいところで陰干しします。

熱に弱いので熱源の近くに置いたり、アイロンをかけたりして乾かすことは避けましょう。

洗える皮革衣料のお手入れ

洗う前に

表示をチェックして家庭で洗えるか確認します。
品質表示の「取り扱い上の注意」に従いましょう。「取り扱い絵表示」があるものはマークを確認しましょう。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。皮革製品専門のクリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

中性のおしゃれ着用洗剤を使います。
皮革はアルカリ性に弱いので中性洗剤を用います。おしゃれ着用洗剤は色落ちや型くずれ、傷みを防ぎます。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
袖口や衿などの汚れは、おしゃれ着用洗剤の原液をつけて軽くたたきましょう。
スエードの場合は専用ブラシ、またはやわらかいブラシで、汚れを浮かすようにやさしくこすります。
洗濯ネットに入れます
衣料を表にしたまま、たたんで大きめの洗濯ネットに入れます。かぎホックやファスナーはあらかじめとじておきましょう。
大きめの洗濯ネットに入れる。

大きめの洗濯ネットに入れる。

洗う

やさしく洗います。
洗濯機の弱水流や手洗いコースなど弱い水流で洗います。水面に浮いてこないように、洗濯液の中に充分沈めてから洗いましょう。

皮革製品は色が落ちやすいので単独で洗います。

柔軟仕上げをします。
表面の風合いを保つために、柔軟剤を使いましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや毛並みの乱れを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、振りさばくなどしてしわをのばします。スエードは平らな台の上に広げて必ずブラシでしわをのばし、形を整えます。
平干ししてからハンガーにかけて、日陰に干します。
濡れた状態でハンガーにかけると水の重みで型くずれしやすいため、最初は平干しにし、ある程度乾燥したら、形を整えて厚みのあるハンガーに干します。

細いハンガーを使うときは

厚みのあるハンガーがないときは、細いハンガーにタオルを巻いて代用できます。

ハンガーにタオルを巻いて厚みを持たせる

ハンガーにタオルを巻いて厚みを持たせる

しっかり乾燥させ、表面を整えます。
スエードなど表面に起毛があるものは、乾燥後に洋服ブラシなどで毛並みを整えます。

収納・保管

汚れをきちんと落としてから収納します。汚れがあるとカビや虫害の原因になります。

防湿剤や防虫剤が直接触れないようにします。

直射日光を避け、湿気のない、風通しのよいところに吊るして保管します。
通気性のよい布をホコリよけのカバーを使うと、保管中にホコリなどがよけられます。

風通しを兼ねて、時々カビの発生がないか確認しましょう。

クリーニングに出した場合は
クリーニングから戻って来たらビニール袋をはずしてハンガーにかけ、2〜3日の間吊るして溶剤や湿気を取り除きます。特に、厚みがある衣料は溶剤や湿気が残りやすいので、充分に乾燥させましょう。
カビが生えた場合は
光沢がある銀つき革の場合
専用クリーナーで拭き取ります。
起毛がある「スエード」などの場合
ブラシでこすり落とし、スエード用スプレーをかけます。