合成皮革

樹脂を布にコーティングして表面に型押しなどの加工をし、天然皮革に似た風合いにしたものが合成皮革衣料です。構造も天然皮革に近づけたものは人工皮革と呼ばれます。

デリケートな素材なので丁寧に取り扱います。日陰で干します。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして家庭で洗えるか確認します。
品質表示の「取り扱い上の注意」にはお手入れ方法や、アイロンがけするときの注意などが書かれているので、手入れは指示に従います。「取り扱い絵表示」があるものは洗濯機マークや手洗いマークがあることを確認しましょう。

表示で洗えることが確認できても、表面にベタつきやヒビ割れなどの傷みがある場合はお洗濯はやめましょう。

適切な洗剤を選びます。
中性で、型くずれや傷みをおさえて洗うおしゃれ着用洗剤が向いています。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
部分汚れやシミがある場合は、前処理をします。こすらずに、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れている部分につけておきます。
洗濯ネットに入れます
裏返してから洗濯ネットに入れます。あらかじめファスナーやボタンなどは必ずとじておき、洗たくネットの大きさに合わせてたたみます。

洗う

やさしく洗います。

洗濯機では手洗いコースなど、弱い水流で洗います。手洗いする場合は押し洗いで行います。脱水は短時間で行います。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。振りさばいてしわを取り、形を整えます。

キレイに仕上げるコツ

  • 銀つき面は表面の水滴をタオルで拭き取っておくと、乾燥したときに水跡が残りません。
  • スエード調の素材はブラシをかけてしわをのばし、毛並みを整えてから干します。
日陰で干します。
上着はハンガーにかけ、スカートやパンツは着用時と同様の形状になるように筒状に干します。日陰でしっかり自然乾燥させます。

回転式衣類乾燥機の使用は避けましょう。

アイロンがけ

取り扱い絵表示に従ってかけます

熱に弱いため、合成皮革の絵表示にはアイロンをかける場合はあて布をし、低温で行うなどの指示が記されています。衣料の品質表示や取り扱い絵表示に従いましょう。

収納・保管

通気性のよい布などをかけて保管します。
光のあたるところは避け、温度や湿度の低いところに収納・保管します。
ほかの衣料と長期間接触するとその衣料が変色することがあります。布などをかけるとよいでしょう。
時々、風を通します
カビが生えないよう、時々風にあてましょう。

ポリウレタン製の合成皮革は3〜5年で経時劣化するといわれ、保管中に湿気があるとさらに劣化しやすくなります。

クリーニングに出した場合は

クリーニングから戻ってきたらビニール袋をはずしてハンガーにかけ、2〜3日の間吊るして溶剤や湿気を取り除きます。特に、厚みがある衣料は溶剤や湿気が残りやすいので、充分に乾燥させましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

日ごろのお手入れ

  • 着用後は部屋に吊るして、湿気を取り除いてから収納します。
  • から拭きやブラッシングをして、ホコリを取ります。

雨に濡れたときのお手入れ

タオルでたたくようにして水分を吸い取り、陰干しします。

熱に弱いので熱源の近くに置いたり、アイロンをかけて乾かすことは避けましょう。

汚れがついたときのお手入れ

おしゃれ着用洗剤を標準使用濃度に薄めた洗剤液をタオルなどに含ませ、堅く絞って拭き取ります。

ドライクリーニングに出した後は、ビニールカバーをはずして数日間放置してよく乾燥させてから、着用・保管をしましょう。