毛皮

家では洗えないアイテムです。着用後のお手入れや保管をしっかり行い、美しい状態を保ちましょう。

着用後は湿気を取って、ブラッシングしましょう。クリーニングは毛皮専門のクリーニング店に依頼します。

お手入れの手順

日ごろのお手入れ

湿気を取り除きます。
着用後はハンガーにかけて、風通しがよいところに吊るして湿気を取り除きます。

色つやが悪くなるので、直射日光には当てないようにしましょう。

ホコリや汚れを落とします。
軽くたたいたり、振ったりして、外出中についたホコリなどを落とします。
ブラッシングします。
洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングします。

雨に濡れた時のお手入れ

水分を取ります。
乾いたタオルで水分をていねいに拭き取ります。
日陰に干します。
ハンガーにかけて風通しがよいところに陰干しして、自然乾燥させます。
ブラッシングします。
洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングします。

衿や袖口が汚れた時のお手入れ

洗剤液を作ります。
30℃以下のぬるま湯5リットルに、おしゃれ着用中性洗剤を使用量(6ml)を溶かし、洗剤液を作ります。
汚れを拭きます。
タオルを洗剤液に浸してかたく絞り、毛並みに沿って毛先をなでるように拭きます。
水拭きで洗剤を落とします。
タオルをもう1枚用意し、きれいな水に浸してかたく絞ります。2.と同様に拭き、洗剤分を落とします。
日陰に干します。
風通しのよいところに陰干しして、自然乾燥させます。
ブラッシングします。
洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングします。

ドライヤーや暖房機を使った乾燥は厳禁です。

収納・保管

通気性のよい洋服カバーをかけます。
クリーニングに出した場合は、戻ってきたらビニールをはずしてから通気性のよい洋服カバーをかけ直しましょう。
防虫剤をセットします。
長期保管の場合は、忘れずに防虫剤をセットしましょう
吊るして保管します。
紫外線があたらない、湿気のないところに吊るして保管します。