フェイクファー

アクリルなどの合成繊維を使って、毛皮のような風合いを再現したものがフェイクファーです。熱に弱く、毛羽がこすれて傷みやすいので、丁寧に取り扱うことが大切です。

毛羽の傷みを防ぐために洗濯ネットに入れます。干す前に毛並みを整えます。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
色あせや型くずれ、毛羽の傷みを防ぐために、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
ジャケットの袖口や衿の汚れ、ポケット口、マフラーの衿などが汚れやすい部分です。汚れを確認しておしゃれ着用洗剤の原液をつけます。
目立つ汚れには洗剤をつける。

目立つ汚れには洗剤をつける。

  • 毛羽抜けの原因になるので、もみ洗いはやめましょう。
  • 色落ちしそうな濃色の衣料は、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます
毛並みの乱れを防ぐために、洗濯ネットを使いましょう。ジャケットの場合は身ごろを裏返して、袖は裏返さず身ごろの中に折りたたんでから横に2つ折りにし、洗濯ネットに入れます。洗濯ネットは大型のものを用意しましょう。
裏返して洗濯ネットへ。袖は裏返さず、身頃に包み込む。

裏返して洗濯ネットへ。袖は裏返さず、身頃に包み込む。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流や手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースなどで洗います。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
毛羽をふんわりさせるために柔軟剤を使いましょう。
柔軟剤は毛羽をふんわりさせる効果のほか、布のすべりをよくし、ジャケットなどがスルッと着やすくなります。また、合成繊維の静電気を防ぐ効果もあります。
短時間で脱水します。
長時間の脱水は、洗濯じわや毛並みの乱れの原因になります。短時間で行いましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや毛並みの乱れを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、ジャケットは表に返します。振りさばいて毛羽を立たせます。

毛並みの整え方

濡れて束になった毛先は、生乾きのうちにたたんだ乾いたタオルなどで毛並みを起こすようにほぐします。

日陰に干します。
ジャケットは型くずれを防ぐために厚みのあるハンガーにかけて、形を整えます。細いハンガーの場合はタオルを巻きつけて厚みを持たせましょう。衿は立てずに着用時のような形で干しましょう。マフラーの場合は小物干しに吊るします。
乾燥後にブラッシングします。
洋服ブラシなどで表面の毛並みを丁寧に整えれば、毛羽がふっくらと仕上がります。

回転式衣類乾燥機は毛羽が乱れたり、縮み、毛羽抜けが起こる恐れがあるので、避けましょう。ヘアドライヤーで乾かすのもやめましょう。

アイロンがけ

フェイクファーは毛先が熱に弱いので、アイロンがけは避けましょう。

収納・保管

日ごろの収納
ハンガーにかけて収納します。毛羽に「たたみじわ」や「毛倒れ」ができないよう、日ごろはハンガーにかけて収納・保管します。
長期の保管
お洗濯やクリーニングをし、充分乾燥した後に同様に吊るして収納します。
保管中にクリーニング店のビニール袋をかけておくとカビの原因になるので、避けましょう。汚れよけには通気性のよい布地をかけましょう。

おせんたくしないときのお手入れ方

  • 帰宅後はハンガーなどにかけて室内に1〜2時間程度放置し、湿気を飛ばします。
  • 乾燥後、ブラッシングし、吊るしてタンスなどに収納します。