毛羽のある衣料

ベロアやベッチン、コーデュロイなど、表面に毛羽がある衣料のお洗濯方法をご紹介します。

摩擦を防ぐために洗濯ネットに入れます。色あせが防げる洗剤を使います。毛並をきちんと整えて干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
毛羽のある衣料はお洗濯で色あせしやすいので、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。
衣類に傷みがないか確認します。
毛羽(パイル)の毛抜けがひどいものは、洗うと一層ひどくなる恐れがあるので注意しましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
袖口や衿の汚れ、ファンデーション汚れはえりそで用の部分洗い剤をつけ、容器の先で軽くたたきます。食べ物のシミには液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
  • 衣料の取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合やお気に入りの衣料のときは、衿や袖にはおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。
  • 毛羽抜けの原因になるので、もみ洗いはやめましょう。
洗濯ネットに入れます
汚れの部分が外側になるようにたたんで、洗濯ネットに入れます。ほかの衣料からの毛羽の付着を防ぐために、目の細かい洗濯ネットを使いましょう。
毛羽を編み込んである生地は、裏側から摩擦を受けると毛羽が抜けやすくなるので、裏返さず表のまま洗濯ネットに入れて洗いましょう。

おせんたく

表示に従って、やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
毛羽をキレイに保つために、柔軟剤を使いましょう。アイロンがけがしにくい衣料なので、毛並みを整えて洗濯じわを減らす、しわ対応の柔軟剤がおすすめです。
短時間で脱水します。
長時間の脱水は、洗濯じわや毛並みの乱れの原因になります。短時間で行いましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや毛並みの乱れ、型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。振りさばいて、毛並みの乱れや型くずれをできるだけ整えます。

毛並みの整え方

  • 濡れている状態で洋服ブラシをかけて毛並みを整えると、きれいに仕上がります。
  • 洋服ブラシがない場合は平らな台の上に置き、手のひらで毛先をなでるように“手のひらアイロン”をするとよいでしょう。
日陰に干します。
ジャケットやカットソーは、型くずれを防ぐために厚みのあるハンガーにかけて干します。パンツやスカートなどは、着用時と同様の状態になるように筒干ししましょう。

回転式衣類乾燥機は毛羽が乱れたり、縮み、毛羽抜けがおこる恐れがあるので、避けましょう。

アイロンがけ

取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせてアイロンの温度を設定しましょう。
綿の素材は衣類の表面から1cm程離して、スチームアイロンをかけます。
合成繊維は温度に注意が必要です。熱が毛羽の傷みにつながるので、できればアイロンがけはしないほうがよいでしょう。

アイロンを押しつけると、毛羽が倒れやテカリが出たりするので避けましょう。

さらにきれいに仕上げるには

スチームアイロンの後に洋服ブラシで毛並みを整えると、さらに仕上がりがよくなります。

たたむ・収納・保管

日ごろの収納
ハンガーにかけて収納します。毛羽に「たたみじわ」や「毛倒れ」ができないよう、日ごろはハンガーにかけて収納・保管します。
長期の保管
長期保管の場合は毛羽をつぶさない工夫をします。保管中に重みで毛羽が倒れたり、つぶれたりしないように、ほかの衣料の上に置いて保管します。

着用中は摩擦に注意

長時間座って毛羽をおさえつけたり、着用中にショルダーバッグなどで摩擦されると毛倒れしたり毛並みが乱れたりして、テカリの原因になります。