帽子

ホコリや汗を吸い込んで意外と汚れています。洗い方、干し方のコツをつかんで、家庭で洗えるものは洗ってみましょう。

肌に接触する部分の汚れをしっかり落とします。型くずれを防ぐ工夫をします。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニングに出しましょう。ただし、ニット素材のものや折りたためるタイプの綿の帽子は、色落ちチェックをクリアすれば洗えます。
水洗い不可・ドライマーク

縫いつけラベルや下げ札の絵表示や、注意書きなどの内容も確認しましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な帽子を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

表面のホコリを払い落とします。
洋服ブラシで、表面についたホコリなどを払い落としましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
肌に接触する内側や、手で触れるつばなどは汚れやすいので、汚れを確認してえりそで用の部分洗い剤をつけ、容器の先端のスポンジで軽くたたきます。汗ジミなどがある場合は、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
洗濯ネットに入れます。
型くずれを防ぐために、洗濯機で洗うときは洗濯ネットに入れましょう。
コサージュやリボンなどの装飾が、取りはずせるものは、はずしておきます。刺繍やビーズなどの取りはずせない装飾がある場合は、裏返してから洗濯ネットに入れます。

色落ちしそうな濃い色の場合は、ほかの衣料に色が移る場合があるので単独で洗いましょう。

洗う

やさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→洗濯機の弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースか、手でやさしく「押し洗い」します。
手洗いマーク

手洗いの場合は

ニットなどの折りたためるタイプの帽子は、セーターと同じように「押し洗い」をします。

つばがあり、立体的な帽子は、洗いおけなどに入れた洗剤液の中で、スポンジを使って軽くたたくようにして洗います。

柔軟仕上げをします。
防臭効果もある柔軟剤で仕上げをして、汗のニオイを防ぎましょう。
短時間で「脱水」します。
型くずれを防ぐために、脱水時間は短めにしましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。つばの部分を中心に、縫い目などの縮みを指先でのばします。
頭にかぶっているような状態で、立体的に干します。
帽子の中に洗濯ネットやタオルを詰めて、形を整えます。ペットボトルなどにかぶせ、風通しがよいところで陰干しします。帽子の大きさに合う調理用のザルにかぶせて干してもよいでしょう。
空間に浮かせるようにして乾燥させる

しわ取り防臭スプレーを活用しましょう

乾燥後に縫い目のよれやしわが気になったら、しわ取り防臭スプレーをしっとりする程度にスプレーし、しわの部分を軽く引っ張りながらのばすと、アイロンがけの手間が省けます。

アイロンがけ

適切な温度を設定します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定しましょう。
綿や麻素材は、霧吹きをかけてドライアイロンをかけます。
ウール素材にはスチームアイロンをかけます。
ポイントをおさえてアイロンをかけます。
織物の場合は、つばのステッチなど、縫目部分をのばすようにしてかけます。
ニットの場合はスチームアイロンを1cmくらい離してかけ、ふっくらさせます。

保管・収納

長期の保管は箱に入れて収納します。

洗濯やクリーニングで汚れをきちんと落としてから、収納します。立体的な帽子は、形を保つために適切な箱などに入れましょう。ニット素材は、たたんで保管しましょう。

ウール素材は防虫剤を忘れずに入れましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。

使用後、帽子の内側に、しわ取り消臭スプレーをしっとりする程度にスプレーします。次に使用するときにニオイもなく気持ちよく使用できます。