ストール、マフラー

長くて絡まりやすいうえ、編み目の粗いものやデリケートな素材のものが多いので、型くずれや毛羽立ちなどに注意して洗いましょう。

洗濯ネットに入れて、絡まりを防ぎましょう。フリンジが内側になるようにたたみましょう。ニット素材は、平干しにしましょう。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

タグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。
色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤を使いましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
肌が直接触れる中央部分には、えりそで用の部分洗い剤をつけて軽くたたきましょう。シミには、しみ用部分洗い洗剤をつけておきます。
  • 取り扱い絵表示に「中性」の文字があるものや、毛の素材はおしゃれ着用洗剤の原液をつけます。
  • もみ洗いするとのびてしまうのでやめましょう。
  • 色落ちしそうな濃い色の衣料は、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます。
4つにたたんで入れましょう。フリンジがあるものはフリンジ部分が内側になるようにたたんで入れます。
フリンジが内側になるように4つ折りにたたんで洗濯ネットに入れる。

手洗いする場合でも、やわらかいカシミヤや毛足の長いモヘヤ素材は、洗濯から脱水まで洗濯ネットに入れておけば、扱いが簡単になります。

おせんたく

やさしく洗います。

表示に従ってやさしく洗います。
洗濯機弱水流マークの場合
→洗濯機の弱水流か、手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや手洗いで洗います。
手洗いマーク
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。

柔軟剤について

柔軟剤には静電気を防ぐ効果もあるので、特にフリースやアクリル素材などのストールに適しています。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。軽く振りさばいてから4つ折りにたたみ、手のひらで軽くたたいてしわをのばします。フリンジ部分の絡まりは手で軽く整えましょう。
フリンジの絡まりは手で整える。

素材によって整え方を工夫しましょう

  • ニットのマフラーは縦方向にのびやすいので、横方向に引っ張りながら整えます。
  • フェイクファーなど毛足の長い素材は、洋服ブラシで毛足を整えて吊り干しします。
平干しで干します。
のびて型くずれしやすいニット素材は、平干しにするか、ある程度たたんでハンガーや物干しで干します。だらりと垂らさないように注意しましょう。織物の場合は、2本のハンガーを使ってM字型に干すと、早く乾きます。
ニット素材は平干しに干す

ニット素材は平干しに干す

織物のマフラーはM字型に干す

織物のマフラーはM字型に干す

アイロンがけ

適切な温度を設定します。
取り扱い絵表示を確認し、素材に合わせて温度を設定してかけましょう。
ウールなどの素材をふんわり仕上げる場合は、表面から1cm程浮かして中温のスチームアイロンをかけます。
フェイクファーは毛先が熱に弱いので、アイロンがけは避けましょう。
ポイントをおさえてアイロンをかけます。
アイロン台の上でゆがまないように、事前に形を整えてからかけます。
フリンジ部分はフリンジの根元から先の方に向けてスチームアイロンをかけます。

毛足の長い素材の場合は

カシミヤやモヘヤなど毛足が長くデリケートな素材の場合は、スチームアイロンをあてた後に、毛並みに沿って軽く洋服ブラシをかけて整えると、きれいな仕上がりになります。

おせんたくしないときのお手入れ

しわ取り消臭スプレーでニオイとしわを取ってリフレッシュしましょう。
使用後、しわ取り消臭スプレーをしっとりする程度にスプレーし、しわの部分を縦・横・斜めに軽く引っ張りながらしわをのばします。その後、しっかり乾燥したら収納します。次に使用するときにしわもニオイもなく、気持ちよく使用できます。