手袋

毛やアクリルなどのニットやフリースの手袋は、家庭でお洗濯してみましょう。

指先の汚れをしっかり落としましょう。風合いを損なわないために、洗濯ネットに入れて洗います。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして家庭で洗えるか確認します。
タグやパッケージの説明書きを読みましょう。取り扱い絵表示がついていたら確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

表示や説明書きのないものは洗えません。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な手袋を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、縮みや色あせ、型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理をします。
汚れがちな指先部分は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけてキャップの角などでたたきます。シミがある場合は、液体酸素系漂白剤かシミ用の部分洗い剤をつけておきます。
指先はおしゃれ着用洗剤の原液をつけ、キャップの角などでたたいておく。

指先はおしゃれ着用洗剤の原液をつけ、キャップの角などでたたいておく。

  • もみ洗いやこすり洗いをすると、縮んだり型くずれすることがあるので、避けましょう。
  • 色落ちしそうな濃い色の場合は、単独で洗います。
洗濯ネットに入れます。
洗濯機で洗う場合は、型くずれを防ぐために洗濯ネットに入れましょう。
手袋の大きさに合った小さめのネットを使うようにしましょう。

おせんたく

やさしく洗います。
絵表示に従って、洗濯機か手洗いで洗います。洗濯液は30℃以下を使用し、洗濯液にしっかり沈めてお洗濯しましょう。洗濯機で洗う場合、手洗いの場合のポイントは次のとおりです。
洗濯機で洗う場合
洗濯機の弱水流や手洗いコース、ドライコースで洗います。
手洗いの場合
全体は「押し洗い」、指先などは「つかみ洗い」をします。汚れが落ちにくい場合は、洗濯ブラシの背などでたたいて汚れを落とします。
柔軟仕上げをします。
指が通るなめらかさと、ふんわりした風合いに仕上げるために、柔軟剤を使いましょう。全自動洗濯機の場合は、事前に柔軟剤自動投入ケースへ適量の柔軟剤をセットします。
短時間で脱水します。
型くずれを防ぐために、脱水時間は短めにしましょう。

デリケートな手袋を脱水する場合は

大切な手袋や、ビーズやスパンコールなどの装飾がついている場合は、脱水機を使わずにタオルにはさんでタオルドライします。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
型くずれや洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手にはさんで全体をたたき、指先の形や装飾品を整えます。
指を1本ずつ軽く引っ張り、形を整える。

指を1本ずつ軽く引っ張り、形を整える。

陰干しします
風通しのよい日陰に干しましょう。のびやすい素材の場合は平干しにし、のびにくい素材の場合は、小物干しに干します。小物干しを使う場合は、乾きやすいように指先をつまんで干すようにしましょう。
平干しする。

平干しする。

たたむ・保管・収納

長期の保管の場合はたたんで収納します

洗濯やクリーニングで汚れをきちんと落としてから収納します。ばらばらにならないように両手を重ねて、たたんで保管しましょう。

ウール素材の手袋は防虫剤を忘れずに入れましょう。