靴下

綿、アクリル、ナイロンなどのほかに、ウール素材や装飾品の付いたものもあり、適した洗い方が必要です。

ガンコな汚れはしっかり前処理をします。デリケートな素材の靴下は、やさしく洗います。つま先部分をピンチでとめて干すと、跡が目立ちません。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、洗い方を決めます。
タグやパッケージの注意書きを見ましょう。取り扱い絵表示がついていたら確認します。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
洗濯機マーク
洗濯機弱マークや手洗いマークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
洗濯機弱水流マーク 手洗いマーク

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

綿・アクリルなどの靴下は、白のほかに淡色や濃色など色柄が豊富です。色合いを大切にするために、適切な洗剤を選びましょう。真っ白な靴下には蛍光増白剤入り洗剤、淡色や生成りには「無蛍光」洗剤が適しています。

目立つ汚れがある場合は前処理をします。
足裏やつま先などのドロや、黒ずみ汚れがある部分には、ドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけて容器先端のブラシで軽くこすります。シミにはしみ用の部分洗い剤か液体酸素系漂白剤をつけておきます。
がんこな汚れは、ドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけて、容器先端のブラシで軽くこする。

毛やシルクなど取り扱い絵表示に「中性」の表示がある靴下の前処理には、中性のおしゃれ着用洗剤を使います。原液を汚れに直接つけて、キャップの角などでたたいておきましょう。揉み洗いは厳禁です。

ガンコな汚れは、洗剤と漂白剤で「つけ置き洗い」

ガンコなドロ汚れや、皮脂汚れなどで黒ずんでいる場合は、40℃程度のぬるま湯に「酵素入り洗剤」と「酸素系漂白剤」を溶かし、30分から2時間程つけ置きます。汚れとともに嫌なニオイもスッキリ落とせます。

洗濯ネットに入れます。
ウールやラメ素材、レースなどの装飾がついたデリケートな靴下は、洗濯ネットに入れましょう。

洗う

素材や装飾によってコースを選びましょう。
ウールや装飾がついたデリケートな靴下は、手洗いコース、またはソフトな手洗いで洗いましょう。
装飾品のない綿や合成繊維の靴下は標準コースで洗います。
柔軟仕上げをします。
柔軟剤は柔らかくするほか、靴下をなめらかにしてはきやすくする効果もあります。そのほか、香りが長続きして着用中の体からのニオイの付着を抑える効果などもあります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
型くずれや洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手にはさんで全体をたたき、指先の形や装飾品を整えます。

デリケートな装飾部分は“指先アイロン”で

刺繍やレースなどデリケートな飾りがついている部分は、指先で刺繍糸やレースの編み目をのばすようにして、形を整えましょう。

指先でレースの編み目をのばす「指先アイロン」で形を整える。
小物干しに干します。
はさんだ跡が目立たないように、つま先部分などをピンチでとめて、小物干しに干します。