スニーカー

布製のスニーカー、学校の室内履きなどの洗い方をご紹介します。

ガンコな汚れには、つけ置き洗いをします。内側の汚れもきちんと落とします。

洗い方の手順

洗う前に

素材をチェックして、家庭で洗えるか確認します。
素材が布製のものなら洗えます。天然皮革や合成皮革の靴は家庭で洗えません。
靴についたドロを落とします。
スニーカーについているドロを、ズックブラシなどで落とします。靴の底のドロも落としましょう。運動靴がぬれている場合は、ざっと水洗いしてドロを落としておきます。
紐をはずします。
紐がついている場合は、洗う前にはずしておきましょう。

おせんたく

洗剤をつけてこすります。
靴全体にドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけて、容器先端についているブラシまたはズックブラシで、こすり洗いします。
ドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけてブラシでこする。

ゴムの部分は強くこすりすぎると傷むので、注意しましょう。

靴の内側をこすり洗いします。
靴の外側だけでなく内側にもドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけてこすります。つま先部分などの細かい部分も、ズックブラシできちんとこすりましょう。
紐をこすり洗いします。
表面や内側と同様に、紐にもドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけて容器先端のブラシやズックブラシでこすり洗いします。
紐も、同様に洗剤をつけてブラシでこすり洗いする。
細部を古い歯ブラシでこすります。
紐を通す穴などの細かい部分は、古い歯ブラシを使うと便利です。
細部は古い歯ブラシを利用。

ひどい汚れには

40℃程度のぬるま湯に「酵素入り弱アルカリ性洗剤」を使用量の目安に従って溶かして洗剤液を作り、30分から2時間つけ置きしましょう。紐も一緒につけ置きします。

すすぎます。
ズックブラシでこすりながらキレイな水で充分にすすいで、洗剤を落とします。
脱水します。
脱水機に入れるか、乾いた布で包んで全体の水分を取ります。

干す

干す前に形を整えます。
型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出して形を整えます。
陰干しします。
風通しのよいところで干しましょう。つま先を上にしてペットボトルなどに立て掛けたり、肩の部分を曲げた針金ハンガーにつま先をかけて干すと、水切れが早くなります。
ゴム部分の傷みを防ぐために陰干しします。
立てて、陰干しする

立てて、陰干しする

乾燥後にはっ水仕上げをします。
はっ水仕上げをすれば、雨水やドロをはじいて汚れがつくのを防いでくれます。靴から20cm離してしっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしましょう。スプレーした靴は、完全に乾燥してから着用してください。

はっ水剤を正しく使いましょう。

はっ水剤を使用する際は製品の表示を確認して正しく使いましょう。あらかじめ目立たないところでシミや変色の確認をしてからご使用下さい。また、安全に、効果的にはっ水剤を使うために、以下のことに注意しましょう。

  • 対象物から約20cm離して、しっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしてください。
  • 吸い込むと危険なので、必ず風通しのよい屋外で、風向きに注意して使用してください。
  • スプレー後は、必ず風通しのよい屋外で完全に乾燥させてください。
  • 一度に大量に使用しないでください。