カサ(雨傘)

雨傘は意外と汚れるアイテムです。時々洗うように心掛けましょう。乾燥したらはっ水剤で仕上げます。

使った後は風通しの良いところで陰干します。雨水のはじきが悪くなったら、はっ水処理をします。

お手入れと洗い方の手順

日ごろのケア

雨に濡れた後は、必ず陰干しします。

濡れたまま放置しておくと、骨の部分にサビが出てきます。使ったら干す習慣をつけましょう。

洗う前に

ホコリをはらいます。
カサ全体についたホコリを、ブラシで取り除いておきます。
洗剤液を作ります。
使用量の目安に従って、バケツに衣料用洗剤を溶かし、洗剤液を作ります。
カサ全体をこすり洗いします。
洗濯用ブラシやスポンジに洗剤液をつけ、カサ全体をこすります。特に汚れやすい折り山部分のすじ汚れは、丁寧にこすります。
内側をこすり洗いします
内側も、洗剤液をつけたスポンジでこすり洗いします。特に、折りたたみタイプのカサは内側が汚れやすいので念入りに。カサ袋も一緒に洗いましょう。
水をかけて、よくすすぎます。
水をかけてこすりながらすすぎます。シャワーを使うと広い面積にかけやすく、便利です。
水分を拭き取ります。
タオルなど乾いた布で、全体の水気を拭き取ります。

水気が残っているとサビの原因になります。特に骨の部分に水気が残らないように注意しましょう。

干す

陰干しします。
カサを開き、風通しのよい日陰でしっかり乾かします。
はっ水剤をスプレーします。
乾燥したら、はっ水仕上げで雨水やドロなどの付着を防ぎましょう。
汚れた状態ではっ水仕上げをしても、充分な効果が引き出せません。はっ水剤は、必ず汚れを落としてから使いましょう。
風通しのよい屋外で、風向きに注意してスプレーする。

はっ水剤を正しく使いましょう。

はっ水剤を使用する際は製品の表示を確認して正しく使いましょう。あらかじめ目立たないところでシミや変色の確認をしてからご使用下さい。また、安全に、効果的にはっ水剤を使うために、以下のことに注意しましょう。

  • 缶をよく振った後、対象物から約20cm離して、しっとり濡れる程度にまんべんなくスプレーしてください。
  • 吸い込むと危険なので、必ず風通しのよい屋外で、風向きに注意して使用してください。
  • スプレー後は、必ず風通しのよい屋外で完全に乾燥させてください。
  • 一度に大量に使用しないでください。