毛布・タオルケット

肌に直接触れる部分が結構汚れています。素材はいろいろありますが、水洗い可能な表示がついている場合は家庭でお洗濯して、爽やかさを保ちましょう。

M字干しで素早く早く乾かします柔軟剤で、ふんわりやわらかく仕上げます

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→素材・色落ちチェックなど、必要事項を確認してから洗います。
水洗い不可・ドライマーク

毛布やタオルケットについているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

毛布などの大きなもののお洗濯には、サッとしみ込んですすぎやすい液体洗剤がおすすめです。

ホコリなどの汚れを取り除きます
物干し竿や手すりなどにかけて、布団たたきなどでたたいてホコリや髪の毛などの汚れを落としておきます。
ほつれなどを確認します
タオルケットのパイルが飛び出している場合は、引っ張らずにはさみで切っておきます。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
肌に直接触れる衿部分は、えりそで用の部分洗い剤をつけて容器の先で軽くたたきましょう。液体洗剤の原液などをつけたときは、洗濯ブラシの背の部分でたたきましょう。汗ジミやおねしょなどのシミには、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
目立つ汚れは洗剤をつけて容器の先などで軽くたたく。

目立つ汚れは洗剤をつけて容器の先などで軽くたたく。

取り扱い絵表示に「中性」と記されている場合、中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけて処理しましょう。

洗濯ネットに入れます
洗濯機で洗う場合は大物洗い用の洗濯ネットに入れて洗うと、表面の毛羽の乱れを防いだり、厚みのあるものを洗濯機に収めるのに便利です。汚れている部分が外側になるようにして、洗濯ネットの大きさに合わせて屏風のように折りたたみ(屏風だたみ)、ロール状に巻いて入れます。
まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。 まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。

まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。

洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。 洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。

洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。

おせんたく

洗濯機か足踏み洗いで洗います
洗濯機で洗う場合
大物洗いコースや毛布コースで、洗濯ネットに入れて洗います。
素材にあった漂白剤を一緒に入れて洗うと除菌・除臭もできます。

漂白剤で除菌・除臭

漂白剤にはシミや汚れの色素を分解するほかに、除菌・除臭の効果もあります。おねしょなどの尿汚れや身体から出るニオイなどを取り除いて、さっぱり洗い上げましょう。

足踏み洗いの場合
洗濯機に入らない大きさで、アクリルや綿素材の場合は、浴槽を利用して“足踏み洗い”をしてみましょう。
  • 汚れた部分が外側になるようにして、浴槽に入る大きさに合わせて屏風のようにたたみます。
  • たたんだ毛布やタオルケットがつかる程度の洗剤液を浴槽に張り、そこに毛布を入れます。
浴槽の中で足踏みをするように、毛布をまんべんなく押し洗いします。
まんべんなく足踏みして押し洗いする。

まんべんなく足踏みして押し洗いする。

足踏み洗いをするときは、必ず壁や手すりなどにつかまって行い、転んだり滑ったりしないように注意してください。

きれいな水に取り替えて、足踏み洗いと同じように浴槽の中で足で押しながら2回すすぎます。
浴槽のエプロン部(縁)に掛けて、自然に水を切ります(エプロン掛け絞り)。水が切れて軽くなってから、物干し竿に移動して干します。
柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前に毛玉などを取り除きます
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、手で取れる毛玉などを取っておきます。

綿毛布の場合は洋服ブラシで整えましょう

綿毛布は水洗いすると起毛がつぶれてしまうので、生乾きの状態でブラシをかけて、毛並みを整えておきしょう。

毛の流れに沿ってブラシをかける。

毛の流れに沿ってブラシをかける。

洗濯竿を2本使って、M字型に干します
乾きにくい大物は、洗濯竿を2本使ってM字型に干しましょう(M字干し)。こうすることで風が通る空間ができ、早く乾きます。
風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

毛や合成繊維のものは、回転式衣類乾燥機の使用は避けてください。ポリエステルなどの中綿入りは熱に弱く、収縮する場合があります。

収納・保管

しっかり乾燥させてから収納・保管します
長期保管の場合、毛素材には防虫剤を忘れずに入れましょう。

おせんたくしないときのお手入れ方法

お洗濯ができない場合には、清潔キープ剤で除菌しておきましょう。朝起きたときなどに、毎日スプレーしておくと、ニオイの発生を予防できます。

清潔キープ剤の使い方
毎日気づいたときにスプレーします。