カーテン

レースや合成繊維の薄手のカーテンは、家庭で洗えるものが結構あります。季節ごとにお洗濯して、お部屋のなかを明るく保ちましょう。

くすんだカーテンは漂白剤を使います。カーテンレールに吊るして干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

カーテンについているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

カーテンのように大きなもののお洗濯には、サッとしみ込んですすぎやすい液体洗剤がおすすめです。

カーテンレールからカーテンをはずし、フックをはずします。
フックは住宅(リビング)用洗剤で別に洗っておきましょう。
目立つ汚れがある場合は前処理をします
カーテンのギャザー部の汚れには液体洗剤の原液をつけておきます。シミには液体酸素系漂白剤をつけます。
洗濯ネットに入れます
デリケートなレースなどは大物洗い用の洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネットの大きさに合わせて縦に屏風状にたたみ(屏風だたみ)、さらに、横に同様にじゃばら状にたたみます。上のギャザー部など、汚れているところが表になるように入れましょう。
汚れた面を上にして、屏風状にたたんで入れる。 汚れた面を上にして、屏風状にたたんで入れる。

汚れた面を上にして、屏風状にたたんで入れる。

おせんたく

漂白剤を入れてお洗濯します
カーテンはかなり汚れています。素材に合った漂白剤を一緒に入れてお洗濯するとよいでしょう。

もっとガンコな汚れには

お洗濯して洗濯液が真っ黒になるようなら2度洗いがおすすめです。すすぐ前に、もう一度新しく洗剤液を作って洗いましょう。汚れた洗濯液では、効率よく汚れを落とすことができません。

柔軟仕上げをします。
洗濯じわと黒ずみを防ぐため、柔軟仕上げをします。
短時間で「脱水」します。
洗濯じわを防ぐために脱水時間は30秒くらいに設定します。

干す

干す前に形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、手で縫い目をのばします。
カーテンレールに吊るして干します
カーテン自身の重さで全体のしわがのびて、キレイに仕上がります。
カーテンの重さでしわをのばす。

カーテンの重さでしわをのばす。

重いカーテンの場合は

カーテンレールに負担がかかるので、竿に干しましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

日ごろのお手入れ

お掃除のときにブラシやはたきなどでホコリを払っておきましょう。

窓の結露もお掃除しましょう

窓の結露をこまめに拭き取っておくようにすると、カーテンにカビが発生してしまうのを防ぐことができます

ニオイが気になるときのお手入れ

汚れやニオイが気になるものの、すぐにお洗濯しないときや、クリーニングに出せないときは、布製品用の清潔キープ剤でお手入れをしましょう。

  • カーテンから20cmくらい離して、表面がしっとりする程度にスプレーします。
  • 自然乾燥させると、嫌なニオイが取れてスッキリします。

素材によっては色落ちしたり、シミになる場合があります。製品の注意表示を参考に、目立たない部分で試してから、お使い下さい。