マット

玄関マットやキッチンマット、お風呂の足ふきマットなど、用途や素材がいろいろあります。汚れの程度や素材に合わせてお手入れをして、清潔に保ちましょう。

酸素系漂白剤と一緒に洗います。デリケートな素材は、弱水流で洗います。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

マットについているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

風合いよく洗い上げるために

お風呂の足ふきマットなど肌に直接触れるものは、洗濯による毛羽立ちを抑えて肌触りや色合いを保ち、風合い良く洗い上げる洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理をします
玄関マットなどドロ汚れが目立つ部分には、ドロ黒ずみ用の部分洗い剤をつけて、容器の先のブラシで軽くたたきます。液体洗剤の原液をつける場合は、洗濯ブラシでたたきます。キッチンマットなどについた食べ物のシミには、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。

マットの表示に「中性」の文字がある場合は、中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけます。

ガンコな汚れには

つけ置き洗いがおすすめです。酵素入り洗剤と酸素系漂白剤を使用量の目安に従って溶かした洗剤液に、30分〜2時間つけて置きます。その後、洗剤液ごと洗濯機に移して水を足して洗います。

洗う

洗濯機で洗います。
全体的に黒ずみが気になるものには、酸素系漂白剤を一緒に入れて洗いましょう。
  • 色移りを防ぐために、色の濃いものは単独で洗いましょう。
  • ウール素材や、裏の滑り止めにポリウレタンが使われている場合は、摩擦で傷みやすいので、弱水流や手洗いコースなどでソフトに洗いましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわや型くずれを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、しわをのばして形を整えます。
風通しのよいところに、吊り干しします。
大きいものはM字型に干すなどして風の通りをよくし、早く乾くようにしましょう。
風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

ウール素材や、裏の滑り止めにポリウレタンが使われている場合、また、色あせが心配な場合は、陰干ししましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

    汚れやニオイが気になるもののすぐにお洗濯しないときや、お洗濯できないものは、布製品用の清潔キープ剤でお手入れをしましょう。

  • マットから20cmくらい離して、表面がしっとりする程度にスプレーします。
  • 自然乾燥させると、嫌なニオイが取れてスッキリします。

ニオイを予防するには・・・

清潔キープ剤を使いましょう。おせんたくできない玄関マットなどにも使えます。

清潔キープ剤の使い方
気づいたときにスプレーします。使い続けると効果的です。

素材によっては色落ちしたり、シミになる場合があります。製品の注意表示を参考に、目立たない部分で試してからお使い下さい。